母親「小学生の息子が女性器の名前を連呼してくる。どうすればいいのか」

性器連呼の子、どうする?「パンツの教室」で学ぶ性教育

「性」の情報を簡単に得られるインターネット社会だからこそ、親から子どもに正しい知識を伝えたい。そんな思いから、家庭での性教育を広める活動をする女性がいる。昨年から性教育の講座を開く熊本県八代市の会社員、上田あみこさん(43)。「性教育は知識のお守り。あなたを大切に思っていると伝えるメッセージにもなる」と話している。

熊本市内の会議室に3月、30~40代の女性4人が集まった。「先日、小学生の娘に生理のことを教えました」「息子が小学校で女性器の名前を覚えてきて、家で連呼する。言わんで!と頭ごなしに言うのも否定している気がして……」

悩みが打ち明けられたのは、上田さんが開く「パンツの教室」の体験会だ。上田さんは家庭での性教育を広める「とにかく明るい性教育 パンツの教室協会」(東京都・のじまなみ代表)のインストラクターの1人。熊本県内で講座を開いている。

「否定したり怒ったりせず、まずは『よく知っているね』と褒めてあげましょう。その上で、人によってはその言葉を聞きたくない人もいるから、お外では言わないようにしようね、と教えてあげましょう」と上田さんが語りかけた。「性に関する話題で親が怒ったり困ったりしているのを見ると、子どもは『この話題は話してはいけない』と思ってしまうことがあります」

「パンツの教室」の講座は全国で広がりつつあり、約190人のインストラクターがいる。望まぬ妊娠を防ぐことが大きな狙いのひとつだ。性について親子で日常的に話せる信頼関係を築けるように、親と距離を置く思春期に入る前の3~10歳から性教育を始めるよう推奨している。

性犯罪を防ぐことも性教育の目的の一つ。子どもを狙う大人もいるという事実を伝え、被害に遭いそうになった時や、実際に遭ってしまった時は、大人に相談するよう伝える。

上田さんの講座にも、幼い子を育てる夫婦や保育士、助産師など様々な人が参加している。3月に参加した30代の女性はまだ子どもがいないが、「自分の子ども時代を振り返ると親と性の話をした記憶はない。自分に子どもができた時のために、家庭でどんな風に話せばいいか知っていたら心強い」と話す。

3人の子どもを育てる30代の女性は「子育ての悩みを話し合えるママ友同士でも、性に関することだと話しづらいこともあるんです。講座に来ると、気軽に話し合えるからいいな」。

上田さんは言う。「講座を受けてくれたお母さんたちがほっとしたり、笑顔になったりしてくれる。安心して悩みをシェアできる場を広げていきたい」

望まれて生まれた自己肯定感にも
上田さんは8歳と5歳の息子を育てている。性教育に関心を持ったのは、購読しているメールマガジンで、こんな文章を読んだことがきっかけだった。「小学4年生の息子が友達とアダルトサイトの見方について話していた」

当時、長男が小学1年生。数年後に同じようなことがあるかもしれないが、その時にセックスや避妊などについて教える知識や心構えがない、と不安になったという。「ネット上の性の情報は、暴力的な描写や、間違った内容も多い。学校も十分な教育をしてくれるとは限らない」と考え、東京でのじまなみさんの講座を受講した。

講座に参加して、衝撃を受けたことがあった。「これまでに何らかの性被害にあった経験がある人」という問いかけに対して、数十人の参加者の8割ほどが手を挙げたが、「そのことをお母さんに相談できた人」と問うと、数人しか手が挙がらなかった。上田さん自身も幼い頃、大人に体を触られたことがあった。「お母さんに話したら悲しむんじゃないかと不安になり、誰にも言えませんでした」。幼い頃から性教育を受け、普段から親と話せる信頼関係ができていたら、「悩まずにいられたかもしれない」と振り返る。

性教育は家庭でも実践中だ。お風呂に入った時に性器をきれいに洗う方法を教え、子ども向けの性教育の本も家にそろえた。男女の体の違いや、命の誕生の仕組みも教えた。その際に、息子が生まれた時にどれほどうれしかったかを伝える冊子もつくって渡した。

「自分の体について知り、望まれて生まれてきたと知ることで自己肯定感にもつながります。2人の息子には、自分自身と周りの人を大切にできる優しい人に育ってほしい」と話している。

https://digital.asahi.com/articles/ASM5T0P8NM5STLVB00V.html?rm=1058

sakamobi
sakamobi

どうせ意味も分からず言ってるだけだし、親が変に反応しなければすぐ飽きるでしょ😅😅😅

コメント