【知っ得】元スタバ店員が教える「ラテはトールが1番損している」理由

【知っ得】元スタバ店員が教える「ラテはトールが1番損している」理由

Aさんが言うには、アイスコーヒーや各種フラペチーノはサイズが変わっても味の差は無いらしい。だがしかし、スターバックスラテだけはサイズによって味に微妙な差があり、「特にショートとトールは全然違う」という。一体どういうことなのだろうか?

「でね、なんで味の差があるのかっていうと、エスプレッソの量がサイズによって違うからなんだ。ショートの場合、エスプレッソをショット1杯、トールも1杯、グランデは2杯、ベンティは3杯入れるんだ」

整理すると、スターバックスラテのショートとトールはエスプレッソ1杯ずつが使用されているが、牛乳の量が違う分、単純に味の差があるとのことであった。逆にアイスコーヒーの場合、完成品をカップに注ぐだけだから「サイズで味の差はない」という説明も納得がいく。

【知っ得】元スタバ店員が教える「ラテはトールが1番損している」理由
全世界2万2000店舗以上を展開するスターバックス。日本のみならず、地球全域に新たなカフェスタイルを根付かせた、米国シアトル発のカフェチェーン店である。他のカフェ …

エスプレッソの量で損得という話だけど、ミルクの多いのが好きな人もいるだろうし好みの問題だね。

コメント