【画像あり】湖に浮かぶ幻想的な白い虹

三連休最終日の24日(月)朝、神奈川県足柄下郡箱根町では、芦ノ湖に浮かぶ幻想的な白い虹が見られました。

連休の訪問客へのプレゼント!?

これは霧が発生している時に見られる、白虹(しろにじ)もしくは霧虹(きりにじ)と呼ばれる現象です。

通常の虹は太陽の光が雨に反射する際、雨粒がプリズムの役割を果たして太陽光が分光されるため、七色に見えます。

一方、白虹は太陽の光が霧に反射して見られます。霧の粒は雨粒より細かいためプリズムのように分光されず、全ての波長(色)の光が同じように散乱されるため、白く輝きます。太陽の高さが低い朝や夕方に霧が出ていると、こうした白い虹が見られることがあります。

まるで、連休の訪問客への自然からのプレゼントのようですね。

湖に浮かぶ幻想的な白い虹
三連休最終日の24日(月)朝、神奈川県足柄下郡箱根町では、芦ノ湖に浮かぶ幻想的な白い虹が見られました。

 

なんとも幻想的な…(*´ω`*)

コメント