sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

ジャーナリストの山口敬之氏にレイプされたとされる女性・詩織さん(仮名)が会見

   

安倍政権御用達・乳首レイパー山口敬之、嘘発見器もかけられた!? “逮捕揉み消し”を裏付ける情報が次々暴露、泥沼不倫のゲスすぎる顛末も…!

安倍政権御用達・乳首レイパー山口敬之、嘘発見器もかけられた!? “逮捕揉み消し”を裏付ける情報が次々暴露、泥沼不倫のゲスすぎる顛末も…!

先日、「週刊新潮」(2017年5月18日号)が「被害女性が告発!『警視庁刑事部長』が握り潰した『安倍総理』ベッタリ記者の『準強姦逮捕状』」による衝撃スクープ」を発表。その闇があまりにも深いことはトカナでも既にお伝えしたが、ザッと概要をまとめよう。

「週刊新潮」によると、安倍政権のスーパーヨイショ御用記者である元TBS社員山口敬之が、2015年に海外でジャーナリスト活動を展開する27歳女性(事件当時大学生)を避妊具も付けずに、乳首から血が滲むほどレイプしたと被害女性が暴露。その年の6月には「準強姦」の逮捕状が発付されたのだが、あわや逮捕寸前という時に急展開、“逮捕取りやめ”が警視庁幹部の判断により下された。記事では、そこに“圧力や揉み消し”の存在があったことを臭わせている。本サイト「トカナ」はそれに加えて独自ルートから入手した情報を公開。山口氏が過去にTBS局員Aさんと社内不倫をし、戸籍謄本まで偽造して女性を騙していた件を掲載。激怒した不倫相手の女性が、その怒りをTBSドラマに丸々ぶつけていたことを伝えた。

そして今、さらなる追加情報が入ってきたのでお伝えしよう。「週刊新潮」も報じたとおり、この事件の捜査に動いていたのは高輪署だった。署は、6月に逮捕状を出し、そして山口氏が米国から帰国する8日、成田空港で逮捕執行のため捜査員が待ち構えたのだが、その直前、上層部からストップがかかった。決裁したのは警視庁の中村格刑事部長(当時)。所轄が扱う準強姦事件に、警視庁刑事部長が介入するのは異例中の異例とされている。

「私が聞いた話によると、その後高輪署で捜査を担当していた刑事が別の所轄に異動させられたそうです。春と秋が通常の異動なのに対し、イレギュラーな時期だったことから、これまでの捜査資料もすべて高輪署に置いていかなければならないので、“この件について、何も捜査させないための異動だった”とみる人も少なくなかったようです」(事情通)

「それだけではありません。高輪署は、当然山口の逮捕後に自宅のガサ入れやポリグラフ検査(通称・嘘発見器による検査)をするはずだったのですが、中村刑事部長は『起訴に耐えない捜査』として異例介入。中村部長指揮事件として本部の捜査一課に、自宅のガサ入れとポリグラフを指示。所轄に“裏付け捜査”をさせずに事件を握り潰した可能性が囁かれています」(同)

つまり、山口氏の準強姦容疑での逮捕をめぐって、異例づくしの展開があったということだ。

「また、中村元刑事部長は『週刊新潮』の取材に対して、忖度や圧力を否定していますが、中村部長と山口氏は親しかったと聞いています」(同)

中村元刑事部長は、第二次安倍政権発足時に菅義偉官房長官の秘書官をつとめたほど、政府から信頼を得ている警察官僚である。しかも、山口氏とも面識があるとなれば、忖度や圧力の否定も説得力に欠ける。

さらに、別の事情通は山口氏に関してこう語る。

「TBS局員のAさんと付き合うために、戸籍謄本を偽造したのはもちろん、その後、婚姻届まで出しに行ったと聞いています。もちろん弾かれて不倫がバレたわけですが、一体なぜすぐにバレる嘘をついたのか…山口さんはクレイジーとしか言いようがありませんね」

2017年5月10日、山口氏は「週刊新潮」のスキャンダルを受けて「フェイスブック」で反論。フェイスブック上の知人に、「私の見解と対処方針をしっかりお伝えしたいと考えています」と記したうえで「私は法に触れる事は一切していない」と断言した。しかし、この投稿に対して、安倍昭恵夫人が即座に「いいね!」ボタンを押したことで、山口氏の説得力は泡と消える。“安倍政権との癒着”がまさにこの「いいね!」で証明されてしまったからである。

最も信頼し、身を捧げてきた身内からまさかのブーメランを喰らった山口氏。同レベルの人間が集まり、お互いの傷を舐めて揉み消し合っているのが安倍政権なのかもしれない。

http://tocana.jp/2017/05/post_13227_entry.html

JKバーに対抗してこれか…痛み分けだから安倍は責任取って辞任しろってことだなw

 - ニュース, ネット, 動画, 政治