sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

新生児の顔をグシャッと潰して大笑い 看護師ら許し難い悪ふざけ

   

新生児の顔をグシャッと潰して大笑い 看護師ら許し難い悪ふざけ

生まれたばかりの新生児の頭蓋骨は柔らかいと言われているが、果たしてこんなことをして大丈夫なのだろうか。母親が一生懸命、文字通り人生と命を懸けて出産した新たな命、宝物である赤ちゃんにこんなことをして許されるはずがない。サウジアラビアのある病院でこのほど看護師3名によるとんだ悪ふざけ行為が発覚した。『Saudi Gazette』ほか英メディア『Metro』などが伝えている。

新生児への身体的虐待行為が発覚したのは、サウジアラビア西部のマッカ州ターイフにある小児病院。1人の看護師が赤ちゃんの頭蓋骨を両方の手のひらで上下からはさみ、その顔をぐしゃっとつぶす。それを別の看護師が録画し、額の厚い肉が瞼にかぶさり、赤ちゃんの目が細くなったことがおかしいともう1人は大笑いしている。そんな動画がSNSに投稿されたことから事件が発覚し、ターイフの保健当局が事件に関わった3名の看護師を特定。いずれも看護師免許を剥奪され解雇処分となった。

その赤ちゃんは尿路感染症を発症して治療のため10日間入院していた。家族はひどいショックを受けており、ジャーナリストのWalid Al-Zahrani氏も「人の命を預かる者がこんな軽率な悪ふざけをしているとは言語道断。断罪が必要」と厳しく批判。世論も「これを機にすべての病院が監視カメラをあちこちに設置するべきだ」と騒ぎ始めた。父親は看護師3名を正式に訴えており、裁判で有罪判決が下った場合はかなり重い罰が言い渡される可能性があるという。

http://japan.techinsight.jp/2018/01/yokote201801050853.html

信じられない…(#・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット