sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

新幹線ナタ男「ホームレスになりたい」「ご飯を食べていないときの生きるか死ぬかの瀬戸際の快感がたまらない」

   

新幹線ナタ男「ホームレスになりたい」「ご飯を食べていないときの生きるか死ぬかの瀬戸際の快感がたまらない」

新幹線殺傷事件 逮捕の男「ホームレスになりたい」と話していた

走行中の新幹線の車内で乗客3人がナタで襲われ、死傷した事件で、逮捕された男が、家出する直前まで働いていた会社に対し、「ホームレスになりたい」と話していたことが新たに分かりました。

11日朝、送検された愛知県岡崎市の無職、小島一朗容疑者(22)は、9日夜、走行中の東海道新幹線の車内で男女3人の首などをナタで切りつけ、会社員の梅田耕太郎さん(38)を殺害した疑いが持たれています。

小島容疑者は、両親と折り合いが悪く、岡崎市に住む祖母の養子になりましたが、去年12月、「自殺する」と言って家を飛び出していました。

しかしその一方で、その前日まで働いていた会社に対しては、次のように話していたといいます。

「ホームレスになりたいと言っていた。過去にホームレスになったことがあって、その時の、ご飯を食べていない時の瀕死の状態、生きるか死ぬかの瀬戸際の快感がたまらないと話していた」(男が働いていた会社の社長)

小島容疑者は、祖母の家を飛び出した後、長野県内を野宿をしながら数カ月間転々としていたと見られ、警察が、犯行前の足取りや動機などについて、引き続き調べています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-00007280-cbcv-soci

 

気持ちわるっ…(;´Д`)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット