新幹線の車内での飲食に賛否両論「鉄道会社が食べ物売ってるから食って良いだろ」「周りに迷惑」

スポンサーリンク

「駅弁、食べたらダメ?」新幹線の車内飲食がいまだに賛否両論のワケ

スポンサーリンク

議論を呼んだ豚まんとたこ焼き
年末年始になると、帰省や旅行で新幹線や特急列車に乗る人も多いことだろう。1時間程度で目的地についてしまうなら、何もしないでボーっと過ごしていてもあっという間だろうが、2~3時間以上乗るとなると、車内で飲食をすることを考える人も多数いる。

スポンサーリンク

とはいえ、かつてのように、食堂車はないし、車内販売も縮小の一途を辿っている。そのため、発車前に駅の売店で駅弁、ついでに飲み物を購入するのが主流だ。そのせいか、大都会のターミナル駅の駅弁売り場は大変な混雑ぶりである。

スポンサーリンク

さて、発車後しばらくすると、あちこちで飲食が始まる。前の座席の背面に備え付きのテーブルをセットして、駅弁の掛け紙をほどく。飲料は、こぼさないようにテーブルのくぼみに置いたり、ドリンクホルダーがあれば、そこに入れるのが無難だ。駅弁は、ご飯とおかずがきれいに配置されているので、最初の一口を食べる前にスマホで撮影する人も結構いる。美味しそうな匂いが漂ってくる。

スポンサーリンク

ところが、この匂いを“臭い”と感じる人が少なからずいるようだ。

食材にもよるけれど、最近、話題になっているのが新大阪駅構内で売っている「551蓬莱」の豚まんとタコ焼きの匂いについてである。この2つは人気商品で、首都圏から関西に出張で出かけたビジネスマンの中には帰りにお土産として購入することが多いようだ。それも温かい出来立ての商品を車内でビールなどの酒類とともに食べるのがはやりのようだ。

スポンサーリンク

しかし、中には匂いが気になる人がいて、苦情がお店に舞い込んだのか、あるいは業者側が匂いに敏感な人に忖度したのか分からないけれど、たこ焼きのパッケージに「新幹線車内および駅構内でのお召し上がりはご遠慮願います」と書かれている。

スポンサーリンク

的外れな「海外は飲食禁止」論
それにしても、鉄道会社が禁止の通達を出したという事実はない。あくまで「ご遠慮」であって、食べたからといって罪になるわけではなかろう。

スポンサーリンク

ただ、この注意書きが拡大解釈されて、いずれ豚まんを車内で食べるのも禁止になるとか、様々な憶測がネット上を賑わしている。「食テロ」などという穏やかではない表記も見られ、他人の食材の匂いを不快に感じている人が少なくないことを物語っている。

スポンサーリンク

とはいえ、駅構内で多数の駅弁や酒類を含めた飲料を大々的に販売している以上、列車内での飲食を禁止することには無理がある。

スポンサーリンク

JR東日本などの新幹線に連結されている最上位の車両グランクラスでは軽食はサービスの一環であるし、酒類を含めたドリンクは飲み放題である。また、近鉄の観光特急「しまかぜ」では食堂車(名称は「カフェカー」)を連結しているし、数は減ったとはいえ車内販売では飲食物を売っている。

スポンサーリンク

識者の中には、「電車内での飲食を禁止している国がある」と我が国の対応が甘いかのように説く人までいる。しかし、調べてみると、韓国やシンガポールの鉄道車両内での飲食禁止は「通勤電車内」でのことだ。韓国の高速列車KTXでは車内販売があるし、シンガポールでは列車内での飲食全面禁止といっても、小さな国で長距離列車は存在しないので、JRの新幹線や特急列車とはわけが違うのである。

スポンサーリンク

もっとも、長距離列車内での飲食は法に触れるわけではないといっても、ある程度のマナーは必要であろう。少なくとも、前述のたこ焼きのパッケージに書かれた「ご遠慮」という文言が書かれている背景を無視するわけにはいかない。

スポンサーリンク

匂いの強い食品の食べ方は?
匂いについては個人差はあるだろうが、食材によっては強烈なにおいを発するものがあり、個人差やその時の健康状態によっては、不快に感じる人がいるということを配慮しておいていいかもしれない。

スポンサーリンク

筆者は新幹線や特急列車内では駅弁を食べることが多いけれど、食材の中には匂いが強いものもある。個人的には漬物を好まないので、沢庵などふたを開けただけで、その匂いが気になることもある。その場合、箸でつまんでコンビニ袋に入れてしまう。

スポンサーリンク

おそらく席が近い人の中には、その匂いが気になる人もいるのではないだろうか? なるべく早く食事を済ますなり、匂いの強い食材は早めに口に入れるなり、レストランなどとは違った対応が必要かもしれない。

スポンサーリンク

駅構内で販売している場合であっても、「ご遠慮」と注意書きが記されているものがあるのだから、駅構内で販売していない食品を持ち込むにあたっては慎重になってもいいと思う。いくら好物だからといっても、くさややキムチ、ギョーザを大量に持ち込んで食べるのはやめたほうがいいような気がするが、どうだろうか。

スポンサーリンク

酒類については、匂いもさることながら、マナーが問題になるだろう。ほどほどの飲酒でいい気持になるのは許容範囲であろうが、酔っ払って隣の人に寄りかかったり、意味不明の言葉を大声で発するようだと迷惑行為になってしまう。

スポンサーリンク

列車内は「飲み屋」ではない。ビール飲み放題のイベント列車ならともかく、普通の列車内で許せるのは、ほろ酔い加減までではないだろうか。

スポンサーリンク

「車内宴会」をどう考えればよいか
マナーといえば、匂いよりも問題になる行為がある。ひとつは「車内宴会」だ。

スポンサーリンク

4人揃うと、座席の向きを変え、ボックス席状態にして酒盛りを始めることがある。ただし、あまりにも盛り上がりすぎて周囲に鬱陶しく思われるようだと迷惑だ。さらに、3人しかいないのに、席を転換させてボックス席にするのは、いかがなものだろうか。

スポンサーリンク

指定席で、途中駅から乗ってきた人がいた場合、おとなしい人だと、座れても下車駅まで窮屈な状態で過ごさなければならない。中には、席を戻してほしいと主張して険悪な状態になることもある。車掌が仲裁に入ればいいのだが、車掌にくってかかる酔っ払いもいる。

スポンサーリンク

他人が乗車してくる可能性があるのなら、安易に席を回転させるべきではない。これは、飲食する場合にとどまらず、基本的な車内マナーの問題である。

もうひとつは、通路側の席で食事をとるタイミングである。

スポンサーリンク

窓側の人が下車しようと思っていたら、通路側の席の人が駅弁を食べ始めていて、急いで降りられなくなったという事態を筆者は目撃したことがある。あと数分で下車するのであれば、まもなく降りることを伝えることも必要であるし、食べる側は、駅が近づいてくれば通路を通る人も増えて落ち着かなくなるから食事を控えるとかの配慮があってもいいだろう。

スポンサーリンク

具体的なケースを挙げるのならば、東海道新幹線の「のぞみ」なら、走行時間の長い新横浜~名古屋間、東北新幹線「はやぶさ」なら大宮~仙台の前半で食事を済ますことを考えてもいいと思う。

スポンサーリンク

ルール設定よりも大切なこと
あれこれ、思いつくまま書いてみたけれど、こうしなくてはならないと決めつけたり、かくかくしかじかのルールを設定すべきというような問題ではなかろう。

スポンサーリンク

大事なのは、自身の食事という行為にも隣人に影響を及ぼすことがあり、困惑を与えることがないよう配慮が必要であるということ。そして、他人に対する思いやりも必要なのに、最近そうしたことを何ら考えない、想像することさえできない人が増えているのではないか、ということだ。

スポンサーリンク

言葉のみならず、態度も含めたさりげないコミュニケーションは、列車内という公共の空間であれば、最低限必要なのではないだろうか。

スポンサーリンク

このような配慮すらできない人が増えているのであれば、車内マナーについての掲示や注意喚起を鉄道会社が行うことも必要になってくる。まるで、修学旅行前の学校の指導みたいだが。

スポンサーリンク

これが現状だと思うと、何だか情けない世の中になったものだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191214-00069072-gendaibiz-life&p=1

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

新幹線の車内で食べ物売りにくるのに
新幹線で物食うなって言い出す奴はさすがにガイ😩😩😩

コメント