【悲報】新宿駅でブルーシートの隙間からパシャパシャされた死体、元サッカー日本代表選手だった模様

スポンサーリンク

JR新宿駅で死亡の男性はブラインドサッカーの元日本代表・石井宏幸氏

スポンサーリンク

元ブラインドサッカー日本代表選手で日本ブラインドサッカー協会の元副理事長・石井宏幸氏が死去したことが分かった。47歳。

スポンサーリンク

JBFA日本ブラインドサッカー協会は3日、公式ツイッターで「初期のブラインドサッカー日本代表選手で日本ブラインドサッカー協会の元副理事長石井宏幸さんが、2019年10月2日、事故により逝去されました。ブラインドサッカーの普及・発展、及び協会の発足に多大なるご尽力をいただいた故人のご冥福を心よりお祈りいたします」と発表したもの。

スポンサーリンク

また、警視庁新宿署は3日、JR新宿駅で2日夜に電車と接触して死亡した男性の身元を会社役員石井宏幸さんと確認したと明らかにした。2日午後7時15分ごろ、東京都新宿区のJR新宿駅で、山手線の外回り電車と線路脇に横たわっていた男性が接触。現場に白杖があったという。自ら線路に下りる姿が目撃されており、新宿署が経緯を調べている。

石井氏は障害者支援に取り組む会社を経営しており、視覚障害者のホーム転落事故を防ぐ啓発活動を行っていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-00000219-spnannex-soci

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

目撃情報では「自ら線路に降りた」と報道されている。自殺だったのかな😟😟😟

コメント