sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【悲報】小泉進次郎さん、「後ろから鉄砲を撃つ男」のイメージが定着してしまう

   

【悲報】小泉進次郎さん、「後ろから鉄砲を撃つ男」のイメージが定着してしまう

進次郎氏は「もろ刃の剣」か 文書改竄問題での苦言が波紋

自民党若手のホープとされる小泉進次郎筆頭副幹事長の評価が、割れている。財務省の決裁文書改竄(かいざん)問題で、安倍晋三政権に苦言を重ねる態度が、世論の反発を和らげる「ガス抜き」と期待される一方、「獅子身中の虫」などと批判や警戒を巻き起こしているのだ。高い人気と発信力を伴った率直な物言いは、「もろ刃の剣」かもしれない。

「平成の政治史に残る大きな事件だ」「政府が国民全体にウソをついた。怒りを持って追及していく。与党も野党も、関係ない」

改竄問題をめぐる、進次郎氏の歯にきぬ着せぬ物言いは、激しさを増した。3月24日には、安倍昭恵首相夫人の証人喚問について、「みんな思うところはある」と含みを持たせた。

9月の総裁選で、進次郎氏との連携の可能性が指摘される石破茂元幹事長の周辺は「石破氏だけが政権に苦言を呈するのは、不健全だ。積極的に異論を発信してほしい」と歓迎する。

ジャーナリストの安積明子氏も「森友問題が長期化していることへの不満は、党内外で広がりつつある。進次郎氏の意見に留飲を下げる人は、多いのではないか」と肯定的にとらえている。

一方、改竄問題の逆風を受け、内閣支持率が大幅に下落するなかでの直言には「後ろから鉄砲を撃つのか」との批判がある。「総裁選で『反安倍』勢力に回るのでは」と警戒する向きもある。

官邸に近い議員は「与党議員は無責任なコメンテーターではない。批判だけなら誰にでもできる。彼は果たして、財務省が公表した資料を読み込んだうえで発言しているのか。傍観者として発言をしているようにも映る。党の将来を任せられるのか」と手厳しい。

「出る杭(くい)は打たれる」のが日本社会の風潮だが、「出ない杭は腐る」「出すぎた杭は打たれない」とも言われる。重要なのは、進次郎氏が政治家として本物かどうかだ。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180401/soc1804010005-n1.html

 

良くも悪くも父ちゃんに似てるよね

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 政治