【将棋】新人王戦 藤井聡太七段、またとんでもない記録を更新する

■将棋 藤井七段 新人王戦で初優勝 最年少記録を31年ぶり更新
将棋の高校生棋士、藤井聡太七段が新人王戦の決勝三番勝負で2連勝し、初優勝しました。藤井七段は16歳2か月で、新人王の最年少記録を31年ぶりに更新しました。

藤井七段は17日、大阪の関西将棋会館で新人王戦の決勝三番勝負の第2局に臨み、出口若武三段(23)と対局しました。

若手棋士が参加する新人王戦は一流棋士への登竜門とされる棋戦で、六段以下などの参加規定があるため、ことし四段から一気に七段まで上がった藤井七段は今回が最後の出場となりました。

藤井七段はトーナメントを勝ち上がって決勝三番勝負に進み、今月10日に行われた第1局に勝って優勝に王手をかけていました。

17日の対局は、藤井七段が積極的に駒を進めて次第に相手の王を追い詰め、午後3時、105手までで出口三段が投了して藤井七段が2連勝で初優勝を果たしました

藤井七段は現在16歳2か月で、森内俊之九段が昭和62年に達成した17歳0か月の新人王の最年少記録を31年ぶりに更新しました。

藤井七段の棋戦での優勝は、ことし2月の「朝日杯将棋オープン戦」に次いで2回目です。

■「とてもうれしく思います」
対局を終えた藤井七段は「最後の新人王戦を優勝という形で終えられて、とてもうれしく思います。このような大きな舞台に再び立てるよう、目の前の一局に全力を尽くして頑張りたい」と話していました。

■ファンに報告
藤井七段は対局のあと、相手の出口三段とともに、同じ建物で行われていた大盤解説会の会場を訪れました。

そして100人余りのファンを前に対局を振り返ったうえで「さらに活躍ができるように頑張りたいです」と今後の抱負を述べ、集まった人たちから大きな拍手が送られていました。

■地元はくす玉でお祝い
藤井七段の地元 愛知県瀬戸市の「せと銀座通り商店街」では、商店街のシャッターを利用した大盤での解説で新人王戦の対局を見守り、藤井七段が最年少記録を更新して初優勝するとくす玉を割って快挙を祝いました。

飲食店では応援の特別メニューとして、五角形の生地にチョコレートで「王将」と「角」の文字をデコレーションした将棋の駒型のクッキーを作り、店内で飲食した人に提供しました。

クッキーを作った鈴木優作さんは「1手1手集中しながら描いています。藤井君を少しでも応援できれば」と話していました。

一方、別のカフェでは、藤井七段の「勝負飯」を提供しようと、今月10日の新人王戦の第1局で藤井七段がお昼に食べた「肉めしつきぶっかけうどん定食」と、17日食べると予想したバターライスを用意しました。

店長の佐藤暢晃さんは「最近、聡太君がバターライスにはまってると聞いて作ってみました」と話していました。

商店街の通りでは、シャッターを利用した大盤の解説で対局を見守り、午後3時すぎ、対戦相手が投了して藤井七段が初優勝を果たすと、用意したくす玉を割って快挙を祝いました。

対局を見守った人は「すばらしいとしか言いようがない。よく頑張ったと思います。最高に気分がいいです」と喜びをあらわにしていました。

せと銀座通り商店街の飯島加奈さんは「聡太君の戦いは、ドラマチックで勇気をもらえる対局が多いので、タイトルをしっかり取ってくれるとうれしいし、少しでも支えになれたらうれしい」と話していました。

■100勝達成まであと6勝
藤井七段は17日の対局に勝ったことで、プロ入り後の通算成績が94勝17敗となり、100勝達成まであと6勝に迫っています。

藤井七段はおととし10月にプロ入りし、この年の12月の初対局から勝ちを重ねてきました。順調にいけば、プロ入りからわずか2年余りで通算100勝を達成することになり、これまでの最速記録を大幅に更新する可能性があります。

これについて藤井七段は、対局後「一局一局の積み重ねでもうすぐ100勝というところまで来たと思います。これからも目の前の一局に全力を尽くしてやっていきたい」と話していました。

エラー|NHK NEWS WEB

 

強すぎて新人王挑戦がラストチャンスだった16歳(;^ω^)

コメント