【新型肺炎】感染者の情報、北海道が開示拒否 行動ルートも国籍も

スポンサーリンク

感染者の情報、北海道が開示拒否 行動ルートも国籍も

スポンサーリンク

新型コロナウイルスで、海外渡航歴がない人の「二次感染」とみられるケースが北海道内でも発生した。14日、道内在住の男性が道内2人目の感染者と確認され、重症となっている。国内での二次感染が強く疑われるため道内には不安が広がっているが、道は「プライバシーを守るため」などとして国籍や住所、職業など感染経路につながる情報の開示を拒んでいる。

スポンサーリンク

鈴木直道知事は14日の緊急対策本部会議で、道民の安心を優先項目の一つに掲げ「的確な情報発信が必要」と述べた。しかし、実際の発表では、情報の開示を拒む道の姿勢が目立った。

スポンサーリンク

会見で「お答えできない」連発
「お答えできません」。14日の対策本部会議の終了後に行われた記者会見では、築島恵理・道地域保健課長が報道陣の質問に対し、答えを何度も拒んだ。

スポンサーリンク

会見で道は、男性の国籍や対応した保健所、陽性を確認した衛生研究所名など多くの情報を明らかにしなかった。男性が不特定多数の人と濃厚接触をする可能性のある職業かどうかといった、道民の安全や安心に直結する情報についても回答を拒否した。道は翌15日も、男性の職業や発症前の行動などを明らかにしていない。

スポンサーリンク

情報を開示しない理由として、築島課長は14日の会見で、「厚生労働省との協議」「全国共通の基準で発表している」と繰り返した。しかし、他の都府県では患者の職業などは開示する例が多く、最終的には「開示しないのは道の判断」と見解を翻した。

スポンサーリンク

また、非開示の理由を「プライバシーを守るため」とも説明した。だが、報道陣の「患者の国籍を開示することがプライバシーの侵害につながるのか」という質問には、明確な答えはなかった。

スポンサーリンク

感染した男性の経過
1月31日 発熱やせきなどの症状

2月3日 最初の医療機関を受診

4日 X線で肺炎を確認。2カ所目の医療機関で抗菌薬による治療

11日 症状が改善せず3カ所目の医療機関に入院。両側に肺炎を確認

12日 集中治療室で人工呼吸器を付けて治療

14日 新型コロナウイルスの検査で感染判明

https://digital.asahi.com/articles/ASN2H674XN2HIIPE014.html?pn=5

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

情報を隠して取り返しのつかない事になった武漢に何も学んでいない😩😩😩

コメント