【新型肺炎】 武漢から帰国したインド人645人全て陰性 カレーを食べているからでは?と話題に

スポンサーリンク

2020/02/10 17:09
国際センター/一般報告書

スポンサーリンク

中国武漢での肺炎の発生(2019年、NCP)は世界を席巻しました。これまでに中国で16症例が診断され、世界中で確認された症例の数は40,537に達しました。その結果、米国、日本、韓国、その他の国を含む910人が死亡しました。

スポンサーリンク

市民は中国から撤退し、そのうちインドも600人以上を避難させたが、検査後、これらの600人は全員陰性であり、武漢肺炎ウイルスは発見されず、ネチズンの間で議論を引き起こした。

スポンサーリンク

カレーが効果あり?!武漢から帰国したインド人645人の新型コロナウイルス検疫結果がなんと全て陰性。しかもインド国内での新型肺炎感染者はわずか3人。もしやカレーを食べているからでは?とカレーに注目が集まっています。

https://www.setn.com/m/ampnews.aspx?NewsID=686979&newsid=686979&__twitter_impression=true

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

これにはインド人もビックリ👳‍♂️👳‍♂️👳‍♂️

コメント