新型コロナウイルス、エアロゾル感染を確認

スポンサーリンク

スポンサーリンク

※中→日の自動翻訳です

中国の公式保健部は土曜日(2月8日)に、新しいコロナウイルスが空中を伝染する可能性があることを確認しました。

スポンサーリンク

上海で開催された記者会見で、健康および伝染病予防の専門家は、直接感染および接触感染に加えて、新しいクラウン肺炎の感染経路には「エアロゾル感染」も含まれることを確認しました。

スポンサーリンク

エアロゾルは、気体媒体に分散または懸濁した固体または液体の小粒子によって形成されるコロイド分散系です。簡単に言えば、エアロゾルは、空気中に安定して分散および浮遊している小さな液体または固体粒子であり、肉眼では見ることができません。

スポンサーリンク

いわゆる「エアロゾル伝播」とは、液滴が空気中で混合されて「エアロゾル」を形成し、吸入後に感染を引き起こすことを意味します。

スポンサーリンク

以前は、2月5日に、国家保健医療委員会のWebサイトが「新しいコロナウイルス感染肺炎の診断と治療(第5版)」を公開しました。未定」。

3日間の間隔の後、エアロゾルの伝播経路は中国の公式の保健局によって確認されました。

スポンサーリンク

エアロゾルと液滴の伝送の違いは、伝送距離です。飛沫と接触感染は近距離で発生しますが、エアロゾルは長距離を移動するため、非接触感染のリスクが高まります。

全文はソースで(中文)
https://www.bbc.com/zhongwen/simp/world-51427216

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

エアロゾル感染と飛沫感染はほぼ一緒というツイートが拡散されているけど、この記事によると伝送距離が違ってエアロゾルは長距離を移動するため、非接触感染のリスクが高まるとあります🤔🤔🤔

コメント