sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

大相撲行司 式守伊之助が若手行司に数回キス 胸も触る 懲戒処分検討へ被害届は出さない

   

大相撲行司 式守伊之助が若手行司に数回キス 胸も触る 懲戒処分検討へ被害届は出さない

大相撲行司 式守伊之助が若手行司に数回キス 処分検討へ

大相撲の行司で現役最高位を務める式守伊之助が先月、巡業先で若手行司にキスをするなどのセクハラ行為をしていたことがわかりました。日本相撲協会は元横綱・日馬富士の傷害事件を受けてコンプライアンスの強化に取り組んでいた中での事態を重く見て、懲戒処分を検討することになりました。

日本相撲協会によりますと式守伊之助は先月16日、冬の巡業を行っていた沖縄県内のホテルで夜の食事中に酒に酔い、部屋まで送った10代の若手行司の男性に対して数回キスをしたほか、手で胸に触れるセクハラ行為をしていたということです。

この行為を知ったほかの行司から5日夕方、相撲協会に報告があり、協会の危機管理委員会では関係者から事情を聞きました。協会の調査に対して式守伊之助は「泥酔していたので覚えていない」などと述べているということですが、若手行司は一連の行為にショックを受けていて謝罪を求めたため、若手行司に謝罪したということです。若手行司は処罰を求める意向はなく、警察に被害届を出す考えもないということです。

日本相撲協会は日馬富士の傷害事件を受けて冬巡業初日の先月3日に、責任者を務めた春日野親方が力士たちに自覚ある行動を求めるなどコンプライアンスの強化に取り組んでいたところでした。

こうしたさなかに起きた今回の行為について相撲協会では許されることではないとして、近く、臨時理事会を開いて懲戒処分を検討する方針です。

式守伊之助とは

式守伊之助は58歳で行司の最高位である立行司を務め、横綱や大関の取組をさばきます。その責任の重さから、短刀を常に腰に差し、軍配差し違えがあれば即座に切腹するという覚悟を示しています。

250年前から続く名跡で、現在の伊之助は40代目で平成25年の九州場所から襲名していました。

平成27年の九州場所では横綱の取組で2回の軍配差し違えをして、日本相撲協会から3日間の出場停止という異例の処分を受けました。

八角理事長「情けない」

これについて日本相撲協会の八角理事長は「研修会などでも記憶がなくなるなどの酒の飲み方をしてはいけないと注意してきたばかりだったが、行司のトップとして指導する立場にあるのに情けない」と話しました。

相撲協会に大きな痛手

式守伊之助が若手行司にセクハラ行為をしたのは、先月3日から17日までおよそ2週間、九州・沖縄の各地を回って行われた冬巡業の最中でした。

冬巡業の始まる1週間ほど前には秋の巡業で傷害事件を起こした元横綱の日馬富士が引退したばかりで、巡業の初日に責任者を務めた春日野親方が十両以上の力士を集めて「言動に気をつけ、何かあれば親方や部長に報告するように」と訓示し、自覚ある行動を求めていました。

さらに観客を前に「皆様にご迷惑ご心配をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。相撲協会一同は一丸となり再発防止に努めます」と謝罪していました。

今回の問題はこうしたさなかに起こったものでコンプライアンスの強化に取り組み、不祥事の再発防止を掲げていた相撲協会にとって大きな痛手になりました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180105/k10011280481000.html

膿だらけの日本相撲協会は一旦ぶっ潰さないともうダメっしょ(;´・ω・)

関連コンテンツ ユニット



 - スポーツ, ニュース, ネット, 芸能