歯科情報サイトのステマに騙された女性、350万円出して歯を全部抜かれる

歯医者に何度通っても、虫歯は治るどころか再発し、挙げ句の果てには、「歯を全部抜いてしまいましょう」──密室の診療室で歯医者の言うことばかり聞いていたら、一生悔やむ事態になりかねない。100人以上の歯医者、歯科衛生士、歯科技工士に取材を重ね『やってはいけない歯科治療』の著書もある岩澤倫彦氏が緊急レポートする。

「無料の歯科治療相談サイトで、患者の悩みにとても親切に答えるベテランの先生がいました。この人なら信頼できると思い、先生のクリニックに通院したのです」

そう話してくれた元教師の女性(60代)は、出産時に歯周病や虫歯で歯を失っていた。“残りの歯を守りたい”という一心で、たどり着いたのが「無料の歯科治療相談サイト」だったという。

通院してしばらくすると、女性の部分入れ歯が壊れた。すると、歯医者は女性に2つの選択肢を提示したという。

「その都度悪いところを治して、治療を何度も繰り返す」
「一生にわたって心身の健康に役立つ根本的な治療をする」

女性は、迷わず後者を選んだ。すると、歯医者が「根本的な治療」として勧めてきたのは、残りの歯をすべて抜いて、インプラントに替える治療だった。費用は約350万円。女性は、こんな計算式で自分を納得させたという。

「残りの人生は30年あまり。治療費を1年あたりに換算すると約10万円。月額にして1万円以下。それなら何とかなると思いました」

“残りの歯を守る”という本来の目的はすっかり忘れてしまっていた。歯医者のマインドコントロールにかかっていた、としか言いようがない。

さらに、女性が利用していた「歯科治療相談サイト」は、契約している歯医者の回答内容をHPに転載するサービスを行っていた。これはインターネットの検索順位を上げるSEO対策を兼ねており、善意の第三者を装って患者を誘導する「ステルスマーケティング(通称、ステマ。消費者に宣伝や広告だと気づかれないように、宣伝行為を行い、消費に導くこと)」の一種だったのである。

患者の治療体験などをクリニックの広告として利用することは、医療法で明確に禁じられている。

また、その他、歯科予約サイトに連動した口コミも、「やらせ」が横行している。ネットには情報が氾濫しているが、歯科情報サイトの多くが患者を誘引する「ステマ」であることを念頭に置いてほしい。

歯科治療の問題点を告発する記事を書いて2年あまりになるが、この間に実に多くの情報が寄せられている。不条理な対応、妥当とは言えない治療で苦しんでいる患者の大半が女性だった。

密室となる診療室では、歯医者が支配的な関係性で治療方針を押し付ける傾向がある。 少しでも疑問を感じた場合は、治療を留保して、セカンドオピニオンを受ける勇気を持ってほしい。

自分の歯を守ることができるのは、あなた自身しかいないのだから。

歯科医事情通が指摘、「歯科情報サイトにはびこるステマ」
 歯医者に何度通っても、虫歯は治るどころか再発し、挙げ句の果てには、「歯を全部抜いてしまいましょう」──密室の診療室で歯医者の言うことばかり聞いていたら、一生悔やむ事態になりかねな…

 

現状、有力な歯科情報サイトは全てステマサイトです。Webに金かけてる歯医者も基本やぶ医者。腕の良い歯医者には口コミで客が殺到しているので金かけてネットで集客する必要などありません。

コメント