【悲報】シバターRIZIN八百長、内情があまりにも酷すぎて大問題へ発展する・・・

スポンサーリンク

【RIZIN】渦中の久保優太が疑惑を説明、情に流されてシバターからの申し出を受けたと認める「試合を成立させることを優先させないといけなかった」

スポンサーリンク

2021年12月31日(金)さいたまスーパーアリーナにて開催された『Yogibo presents RIZIN.33』で行われた久保優太(PURGE TOKYO/BRAVE)vsシバター(フリー)。

試合は1R1分34秒、腕十字によるテクニカルサブミッション(コーナーストップ)でシバターが勝利を収めたが、その後、Twitterで両者のLINEのやり取りではないかと見られる画像が流出し、八百長疑惑が持ち上がった。

元旦にはシバターがこの件について話す動画をアップし、「私、当人ですのでハッキリ言いますね。私、シバター、昨日の久保さんとの試合において一切の八百長はしておりません」「出回っているスクリーンショットについてですが、これがですね、全く身に覚えがありません。あれ捏造なんじゃないですか」と釈明していた。

スポンサーリンク

しかし2日、青汁王子こと三崎優太氏がYouTubeでのライブ配信で久保に直接電話し、本人が事情を説明した。

久保は「自分の口からちゃんとYouTubeで言わないといけないなって。これからきちんと動画を録る予定というか。録らないとって思ってはいるんですけれど、実際テンパっていると言うか。どう言ったらいいのかなって。思ったほど八百長というのが先行しちゃって。どうしたらいいのかなっていうのが正直あって」と、混乱状態にあるという。

三崎氏が「八百長はあったのか?」と聞くと、「八百長というか、実際その八百長と言うか台本を持ちかけられたというのがあって」と久保は認めた。

スポンサーリンク

「それはRIZINは関係なく?」と聞くと、「はい、RIZINは関係なく。それはないです。シバターさんから突然Instagramにメッセージが(あって)。RIZINの運営から試合がキャンセルになりそうだって聞いていて」と、この件にRIZINは関わっていないと断言し、シバターから直接連絡があったとする。

試合前にあったシバターの試合キャンセルの話が「あれはいつものネタじゃなくて?」と三崎氏が聞くと、「僕もネタだと完全に思っていて。そうしたらガチだったらしくて。で、辞退してすいません、みたいな連絡がDMで飛んできて。いやいや、どういうことですか、冗談だったんじゃないんですか、みたいな感じで。実際は辞退するって話が進んでいて。怪我をしているというか、『パンチをもらうと身体が痺れるのは本当だ』って言っていて。“一発でももらうと試合が出来ないので試合を欠場するんです”みたいなことを。

スポンサーリンク

次の日に僕が返信で、“ルールもあることだし、障がいとかにはならないので、ちゃんとレフェリーもいるし、カードも発表しちゃっていてやりましょうよ”ってことを言ったら、次に“電話してもいいですか”ってきて。それがクリスマスだったんですよ。そこから台本の話をされて」と、シバターから直接試合をキャンセルするとの連絡を受けて電話で話をしたと久保。

それはどういう内容だったのかと聞かれると「“1Rは顔を殴らないで、蹴りはいい”って話だったんですよ。“蹴りはいくらでも受けます”って言っていて。僕、『安保選手とか未来選手とかが言われている、いつものYouTubeの舞台裏みたいなやつですよね。土下座してお金払って八百長を仕掛けるっていうあれですよね』って言って。さすがにRIZINだったら絶対キャンセルしないだろうと思って、『それネタなんですよね』って言ったら、“それは違う”みたいなことを言ってて。本当に僕は信じていなかったので一応録音とっていたんですよ。録音とって証拠があるんですけれど。“それを飲んでもらえなかったらまだ契約もしていないので、発表されているけれど辞退します”みたいな感じになっていて」と、その電話の録音が証拠としてあるとした。

スポンサーリンク

続けて「で、その台本と言うか“約束事をやってくれるのだったら契約しようと思うんですけれど”みたいなことを言っていて。僕も凄く心苦しくて。カード発表されてスポンサーさんとか、無理してくれている方のチケットとか、サラちゃんも入場の準備をしてくれていたりとか動き出していちゃって。RIZINの運営もそういう風に動いてくれているわけじゃないですか、試合をやるために。だから何とか僕も試合が流れるのは困ると言うか。そもそも違うカードが元々あって、そのカードが流れちゃったのでシバターさんとの話になって。2回も試合が流れるのは、大晦日の出場のチャンスもなくなっちゃうし。1週間前に流れちゃっていてシバターさんとの話になって。で、これはまあ言い訳になっちゃうんですけれど、とりあえずまずは試合を成立させることを優先させないといけなかったので、考えて“分かりました”ということで返信させてもらって。“シバターさんの意向に沿うので試合をやってください”みたいな感じで答えちゃったんですね」と、試合を成立させるためにシバターの申し出を受けてしまったと告白。

スポンサーリンク

それでも「僕もずっと疑っていたので、もしかしたらいきなり仕掛けてくるんじゃないかって計算するじゃないですか。怪しむじゃないですか。シバターさんはYouTube上でしか見てないですけれど信用ならないというのがあったので。でも“今回は供託金とか誓約書を書く”みたいな話をしていて」と、疑っていたという。

供託金とか誓約書とはどういうことですか、と聞かれると「『絶対に久保さんは疑っていますよね』って言われて。『供託金とか誓約書を書きます』って話になっていて。そういう裏切らないというか。シバターさんの提案だと“1Rに決着を付けないでくれ、あと顔面パンチは殴らないで、蹴りは思い切り蹴っていい、蹴りはいくらでも蹴っていい”ということで。そういう約束とかを守るのでっていうことですね」と言われたとする。実際の試合でも久保は1Rはパンチよりも蹴りを多用していた。

スポンサーリンク

■障害があると、娘や家族の話をされて気持ちが揺らいだ
計量で久保に命乞いするパフォーマンスを行ったシバター

「シバターさんは久保さんに対してやらないというのはあったんですか?」と三崎氏が問いかけると「シバターさんは“1Rは、視聴率とかてんちむさんとかいろいろな知り合いの方を呼んでいて、そのためにも2Rに移らないといろいろ不都合がある”みたいなことを言っていて、それで“2Rは何とかお願いしたい”ということを言われて」と、2Rまで持ち込みたいとの提案を受けたという。

スポンサーリンク

「久保さんは攻撃しないって約束だったんですか?」と聞かれると「そうです、はい。攻撃をしないというか怪我をさせないみたいな。1Rは流して」と答え、「1Rはお互い何もしないよって話だったってことですか?」との問いにも「はい。で、2R目は、“クリスマスの時は、合図をするからハイキックを蹴ってくれ”みたいな、“それで私が倒れます”って提案だったんですよ。で、とはいえ裏切ると思っているじゃないですか。その理由が“顏に障害があって、パンチをちょっとでも顏にもらうと痺れちゃって”、で娘さんとかがいて、“今日も娘にクリスマスプレゼントを”って話をしていて、家族が大事だなって話をされていたんですけれど、僕の中で揺さぶられてしまったというのがあって」と、家族の話を出されて気持ちが揺らいでしまったことを告白する。

スポンサーリンク

「久保さん優しすぎるんですね」と三崎氏。久保は「僕もちょっとまずいというか。これはさすがに信じられないなってところはあったんですけれど、前日にまた連絡が来て、“明日は覚悟が出来たので、2R目はハイキックで倒れるとか台本無しでいいので、1Rだけお願いできませんか”っていう流すやつだけお願いできませんかって言われて。やっぱり試合を成立させることを優先にじゃないですけれど、怪我をさせちゃいけないのかなとか、娘さんの背景とか言われていたので。ちょっとこう自分の中でこれはよくないことなんですけれど、試合はもちろんルールとかあれなので、自分の中では2Rで倒せばいいかくらいの気持ちがあったというか。そこでひとつめのパンチで僕はビックリしちゃって」と、よくないことだとは思いながらも情に流されてしまい、2Rは本気で行けばいいと考えてしまったという。

スポンサーリンク

1Rにパンチでダウンを奪われたのは、そういう約束があったのに仕掛けられたことでビックリしたからだと説明。三崎氏が「あれは完全に予想外だったってことですか?」と聞くと、「そうですね。こっちは顔面無しってことだったのでちょっとビックリしちゃったというのがあって。そこは自分の弱さであってしょうがいないというか、そこが自分の敗因だと思っているので仕方ないなっていうことは思っているんですけれど。だからこれが壮大な絵だったらシバターさん凄いなって率直に。完敗と言うか、そんな気持ちですね今は」と、まんまとシバターの術中にはめられたと納得はしているとした。

スポンサーリンク

「八百長ではなく一人で僕が空回りしちゃっているというか」と自分にも非があると話し、三崎氏は「心理戦に持ち込まれたってことですね。そこにシバターさんのずるさもあったけれど、それも作戦だよねって言われたらそうだよねって声ももちろんあるし」と、心理戦に引っかかったということかとまとめる。

久保は「対戦相手に今まで僕も連絡とか一切取らないんですよね。もちろん最初は信じていなかったんですけれど、そういうYouTubeのやらせのこととかも聞いていたので。その類だろうなって思っていたんですけれど、今回は本当に違うってことだったので。自分の中で本当に勉強になったなっていうのが、はい。言葉がちょっと自分の中で頭がパニックになっていて」と、疑っていたにも関わらずシバターの言葉を最後は信じてしまったとする。

スポンサーリンク

流出したLINE画像は本物なのか、と聞かれると久保は「あれは本物です。実際、僕も誰にも言えていなくて。本当にみんなを裏切っちゃている話になっているというか。真剣勝負で、とはいえもちろん契約って言ったらいい方はあれですけれど、自分の中では2Rで勝負だなくらい思っていたので。そういう背景とかも、みんなを巻きこんじゃいけないとかいろいろなあれがあったりとか。僕に関わってくれる人、スポンサーさんだったり、トレーナーの先生たちだったり、サラちゃんだったりには言えなくてどうしようかなって感じでリングに上がってしまったみたいな感じで」と、周りの人に気遣って申し出を受けてしまい、周りに相談せず自分一人で決めてしまったという。

スポンサーリンク

今後どうしていくのかと問われると「どうしていきたいというのが今はちょっと正直なんか……分からないというか。ただそうですね…とうしたらいいのかなっていうのが今。とりあえず自分の中でキチンと動画で思いの丈とか謝罪とかしないといけないのがありますし」といまだパニック状態にあるが、自身のYouTubeで事情を説明したいとした。

三崎氏は「YouTubeでリベンジできたらいいですね」と言い、久保は「シバターさんは最初からそもそも僕をはめこむ気で、あれだったら最初から僕も本気で行きたかったというのは確かにありますね」とそれには答えなかった。

そして「動画を取って明日(3日)にでも上げたいと思います」と久保は締めくくった。

スポンサーリンク

現時点で、シバターの声明と久保のコメントは食い違っており、本誌の取材にRIZINは「事実関係を確認中」としている。

今回の試合がYouTuber、プロレスラーでもあるシバターによる大晦日向けのエンターテインメント寄りのカードで、事前の陽動作戦だったとしても、今回の試合はYouTubeでのエキシビションマッチでもプロレスの試合でもない。

JMOC(日本MMA審判機構)も関わる公式試合で、「不正試合」と疑われる行為があったとしたら、MMAという競技の根幹を揺るがす出来事だ。一刻も早い、両選手および同試合に関わる関係者による事実確認が望まれる。

【RIZIN】渦中の久保優太が疑惑を説明、情に流されてシバターからの申し出を受けたと認める「試合を成立させることを優先させないといけなかった」(ゴング格闘技) - Yahoo!ニュース
 2021年12月31日(金)さいたまスーパーアリーナにて開催された『Yogibo presents RIZIN.33』で行われた久保優太(PURGE TOKYO/BRAVE)vsシバター(フリー)
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

そんなことくらいで気持ち揺らぐならなんで情報商材なんか売っとるんや🤔🤔🤔

コメント