ロードバイクで車道を走っていた男性が幅2センチの溝にタイヤが挟まって転倒し、市を訴え賠償金勝ち取る…岡山地裁

ロードバイクで車道を走っていた男性が幅2センチの溝にタイヤが挟まって転倒し、市を訴え賠償金勝ち取る…岡山地裁

自転車で転倒「道路管理に問題」

岡山市の市道をロードバイクで走っていた男性が幅2センチほどの溝にタイヤが挟まって転倒し、道路の安全性に問題があったとして市を訴えていた裁判で、岡山地方裁判所は道路の設置や管理に問題があったと認め、岡山市に38万円あまりの賠償を命じる判決を言い渡しました。
おととし6月、岡山市に住む50代の男性が岡山市北区大供本町の市道の路肩をロードバイクで走っていたところ、幅2センチほどの溝に前輪が挟まって転倒し、胸や指の骨を折るなどの大けがをしました。
タイヤの幅は2センチ3ミリだったということです。
この溝は、大雨の際の排水のために設けられているもので、男性は、道路の安全性に問題があったとして、岡山市に57万円あまりの賠償を求める訴えを起こしていました。
24日の判決で岡山地方裁判所の佐々木愛彦裁判官は、「溝は黒い直線に見え、傾斜もあるため、認識できずに近づいてしまう可能性がある。ロードバイクの普及率は高くないとはいえ、車道を走行することはすでに珍しい光景ではなく、2センチの幅は広すぎる」と指摘しました。
そのうえで、この道路は「通常あるべき安全性を欠いていた」として設置や管理に問題があったと認め、岡山市に38万円あまりの賠償を命じる判決を言い渡しました。
判決について岡山市の大森市長は「弁護士とも相談し、今後の対応を検討したい」としています。

エラー|NHKオンライン

 

確かにこれは危ないよね。「自転車は車道を走れ」というわりにどうろがこれじゃあね(;・∀・)

コメント