世界卓球女子 敵同士が仲間になり強大な敵に立向かう王道ストーリーを無視して悪役日本が打ち砕く

世界卓球女子 敵同士が仲間になり強大な敵に立向かう王道ストーリーを無視して悪役日本が打ち砕く

卓球日本女子「コリア」破り決勝で中国と対戦へ

卓球の世界選手権団体戦第6日は4日、スウェーデン・ハルムスタードで行われ、女子準決勝で日本は3―0で南北合同チーム「コリア」を破り、3大会連続で決勝進出を決めた。

日本女子はこれで、銀メダル以上の獲得が確定した。決勝は、準決勝で香港を下した中国との間で、5日に行われる。

日本は伊藤美誠(スターツ)が田志希(韓国)にストレート勝ち。石川佳純(全農)はキム・ソンイ(北朝鮮)との接戦を制し、平野美宇(日本生命)は梁夏銀(韓国)に快勝した。

南北合同チームは、3日の準々決勝で韓国と北朝鮮が対戦する直前に急きょ結成され、戦わずに準決勝へ進んでいた。

http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/20180504-OYT1T50111.html

関連記事:【世界卓球】 韓国と北朝鮮が突然対戦を取りやめ「南北合同チーム」結成、ベスト4進出…日本と対戦へ

大会途中でいきなり南北合同チームを結成されてそれが勝ち上がるのもちとおかしい。日本が勝ってよかったよ(*´∀`*)

コメント