若者がよく使う「検索エンジン」に大きな変化が!

若者がよく使う「検索エンジン」に大きな変化が!

若者が検索によく使う検索エンジン・ツールはGoogleが33%でもっとも多かったが、TwitterやInstagram(インスタグラム、インスタ)もそれぞれ31%、24%と利用されている率が高かった。回答者によると、Googleは正しい情報を知りたいときに利用し、Twitterは速報や検索エンジンでヒットしない情報を探す時に利用するという。また、髪型や洋服、食べ物や観光地など画像をとおして知りたい情報は、インスタグラムで検索していた。

URLの「www」って何の略? 若者100人中、正解わずか8人 | レスポンス(Response.jp)
 ネット上で視聴できる若者生態バラエティ番組「みんなのクラウド教室」は2月9日、若者を対象に行ったアンケート調査結果を発表した。18歳から22歳の男女が使う検索エンジンはGoogleとTwitterがほぼ同数で、Instagram(インスタグラム)も検索ツールに利用されていた。

若者じゃない僕でも最近はTwitter検索を使うことが多くなりましたね。

速報的なものはとくに威力を発揮します。

Googleは正しい情報を知りたいときに利用という傾向にも納得がいきますよね。

コメント