【朗報】ショーンK、復活

ショーンK、騒動後初の公の場「支援の機会頂き…」経歴詐称問題から2年8カ月

経歴詐称問題などでフジテレビの報道番組をスタート前に降板したショーンKこと、ショーン・マクアードル川上氏が16日、都内で行われた国際芸術コンペティション「アートオリンピア2019」開催発表会見の司会として、騒動後、初の公の場に登場した。

川上氏はグレースーツに同色のネクタイ、黒縁メガネ姿で登場。やや緊張した面持ちだった。登壇すると持ち前の低音ボイスで「本日はお集まり頂きまして、ありがとうございます。アートオリンピア関係者様とのつながりで支援の機会をいただきまして、この度、大役を仰せつかりましたショーンKです」とあいさつし、会を進めた。

吉本のアート芸人が自分の作品を披露する場面では、レイザーラモンHGの作品について、審査員の保科豊巳氏へ「あまりしてはいけない質問かもしれませんが、この作品は好きですか?嫌いですか?」と直球質問。保科氏が「嫌いです」と一刀両断するとHGは「ちょっと!誘導尋問ですよ」とショーン氏の司会ぶりに突っ込みを入れるなど、終始和やかな雰囲気。軽妙なやり取りも健在だった。

ショーン氏は16年3月に経歴詐称問題が発覚。同年4月からスタート予定だったフジテレビ系報道情報番組「ユアタイム」を降板する騒動を起こしていた。

その後、18年1月1日に放送のTOKYO MX系元日特別番組「世界見聞録~モンゴルで経済と豊かさを考える旅」で騒動後、メディア初復帰。今年6月にやはりTOKYO MX系「THE VISIONARY」にもレギュラー出演。番組公式サイトには「経営コンサルタント」の肩書きで紹介されていた。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

ホラッチョ川上復活!👍

コメント