【画像あり】【悲報】令和最新の「スクール水着」ついにジェンダーレスを意識した男女兼用デザインになる

スポンサーリンク

学校用水着では初。男女同じデザインのジェンダーレス水着「男女共用セパレーツ水着」取り組み開始

長袖・ハーフパンツで露出を控え、紫外線対策効果にも

スポンサーリンク

フットマーク株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:三瓶 芳)は、男女デザインが同じジェンダーレス水着「男女共用セパレーツ水着」の取り組みを開始いたしました。「男女共用セパレーツ水着」は上下が分かれたセパレーツ型で、長袖の上着はできるだけ露出を軽減し紫外線対策にも有効です。またボトムスはハーフパンツを採用しており、体のラインが出にくい形状になっています。男女共用のため性別を意識せず水泳授業に参加できる狙いがあります。価格は6,380円~6,820円(税込小売希望価格)で、カラーはコンのみ。120cmから4Lまでの10サイズで展開いたします。

なお本年度は3校が導入予定で、来年に向けて10校が検討中です。指定制ではなく、従来の水着と男女共有水着を選択できる形にする学校が多くみられます。

スポンサーリンク

開発の背景
昨今、学校現場においても「ジェンダーレス」の動きが注目されています。LGBTQへの理解や関心が高まる中、制服も自由に選べるようになるなど学校の現場でも新しい取り組みが進んでいます。

しかしスクール水着においては、昭和から平成、令和へと男女それぞれ形の変化はあるものの、男女別のデザインが根強く、性差による違いが露わになるようなものが多いのが現状です。他社でも体型を隠す水着は販売されていますが、性別ごとに違う形で男女で兼用できる上下セット水着はありませんでした。そこで今回、男女同じ形にすることで性別による水着の選びにくさを払拭し、内面と外見で性の異なる生徒も迷わず選び着ることができるジェンダーレス水着を開発しました。

スポンサーリンク

商品の特徴

男女共に身体的な違いが表れる部位(胸、腰、お尻など)はゆったりしたシルエットになるよう素材を変え、パターンを微調整。体型の違いが目立たないデザインにしました。上着は一枚で着て泳げます。またファスナーの引き手部分にはガードを付けています。
パッドを入れられる仕様が必要な生徒には、パッドが差し込めるポケットをつけていますが、裏地を黒にし、パッと見てパッド用ポケットと分からないような仕上げにしています。

パンツは布帛(ふはく)素材を使い、体に密着しない生地を使用。パンツの内側はインナーパンツ付きなので安心感があります。
また左右に抜け穴を付け、水中で膨らみにくくくしています。

スポンサーリンク

スクール水着をとりまく変化
以前は学校生活における制服や水着などは「指定されており着用を強制されるもの」という認識が当たり前でしたが、近年はスクール水着においても自由化が進み、地域や学校によって「自由に選べるもの」へと認識も変わりつつあります。実際、紺色であれば指定はないという学校も全体の半数くらい存在しており、「選択肢」が増えています。

時代の変化とともに、形も女子生徒はワンピース型からセパレーツ型へ。また男子生徒の水着も股下が長くなり、露出が軽減されているデザインの変化が見られます。2015年に実施した中学生との商品企画では、男子生徒がデザインしたのは上下分かれておりパンツは足首まである肌の露出を控えた、まるでダイバーが着るような形の水着でした。実は男子も肌を隠したい、体型が見えてしまうのは恥ずかしいという思いからでした。

スポンサーリンク

2010年頃から発売を始めた長袖や半袖型の上着「シャインガード」は、主に紫外線対策を目的としていますが、露出を軽減したいという理由で着用する生徒も増えています。またすでにジェンダーレス水着としてシャインガードを導入している学校もあります。

スポンサーリンク

開発担当者の声
一番の特徴は男女同じ形にし、ユニセックスで着られることです。水泳特有の条件に合わせつつ(動きやすくするための伸縮素材や吸水しても重くなりにくい撥水加工など)、体型や肌の露出を抑えたデザインを意識しました。この水着を着ることで水着に対する不安を払拭し、水泳授業に前向きに取り組めるお手伝いができればと願っております。そして本来の目的である水泳技術の習得に繋がれば、これ以上の喜びはありません。

スポンサーリンク

商品概要

スポンサーリンク

会社概要

会社名 : フットマーク株式会社所在地 : 東京都墨田区緑2-7-12
設 立 : 1950年4月28日(創業1946年)
代表者 : 代表取締役社長 三瓶 芳
資本金 : 8,500万円
事業内容: 水泳用品・介護用品・健康スポーツインナーの企画、製造、販売
URL  :https://www.footmark.co.jp/

個人のお客様のお問い合わせ先
フットマークお客様相談室 0120-210-657

学校用水着では初。男女同じデザインのジェンダーレス水着「男女共用セパレーツ水着」取り組み開始 
フットマーク株式会社のプレスリリース(2022年6月7日 14時00分)学校用水着では初。男女同じデザインのジェンダーレス水着取り組み開始 
スポンサーリンク

コメント