【画像あり】孤立しても平気、平坦な感情、周りへの関心の無さ「スキゾイドパーソナリティ」周りにいる?

スキゾイドパーソナリティ障害(スキゾイドパーソナリティしょうがい、英語: Schizoid personality disorder: SPD)とは、社会的関係への関心のなさ、孤独を選ぶ傾向、そして感情的な平板さを特徴とする。

従来は分裂病質人格障害(ぶんれつびょうしつじんかくしょうがい)、統合失調質人格障害(とうごうしっちょうしつ- )、統合失調質パーソナリティ障害とも呼ばれていた。

名称からいかにも関連がありそうに見えるが、統合失調症とは別の障害であり、統計学的にもスキゾイドパーソナリティ障害の人が統合失調症になりやすいという証拠はない。スキゾイドは「社会的に孤立していて対人接触を好まず、感情の表出が乏しく、何事にも興味関心がないように見える」という性格特徴を表す言葉である。また、本症は外界への興味・関心そのものが薄いという点で、対人恐怖症や回避性パーソナリティ障害とも異なるものである。

スキゾイドパーソナリティ障害 - Wikipedia

 

こういう人、べつに珍しくもないよね(;・∀・)

コメント