サウジアラビアで数十年ぶり映画再開、「ブラックパンサー」上映

サウジアラビアで数十年ぶり映画再開、「ブラックパンサー」上映

サウジアラビアの首都リヤドで18日、1980年代以降に禁止された映画上映が再開され、政府関係者のみを招いた記念試写会が開かれた。一般客への上映は20日に始まる予定。

サウジでは70年代まで映画館が存在したが、イスラム教の厳格な習慣・戒律を重視する宗教界から「堕落につながる」との提言があり、80年代以降は上映されていない。だが石油収入に過度に依存する経済構造からの脱却を目指し、産業の多角化を模索するムハンマド皇太子(32)の主導で、今年3月に政府は映画解禁を発表。アワド文化情報相はこの日、「歴史的な日だ。娯楽産業にとどまらず、国の多様な経済発展を刺激する」と意義を強調した。

18日の試写会はリヤドのコンサートホールであり、米ハリウッド映画「ブラックパンサー」が上映された。

サウジでは、公共の場で男女の席を分ける厳格な規制があるが、映画館では今後、男女が一緒に鑑賞できる見通しと伝えられている。

サウジアラビア:「歴史的」映画再開 数十年ぶり - 毎日新聞
 【リヤド篠田航一】サウジアラビアの首都リヤドで18日、1980年代以降に禁止された映画上映が再開され、政府関係者のみを招いた記念試写会が開かれた。一般客への上映は20日に始まる予定。

 

あーこれ面白そうだな(*´∀`*)

コメント