【悲報】佐藤健『女は顔だけ』!?沢尻エリカに言い放った非情な一言がヤバイ

俳優の佐藤健と高橋一生が10月2日、大阪のTOHOシネマズなんばで行われた映画『億男』の舞台あいさつにサプライズで登壇した。

本作は、映画プロデューサーで小説家の川村元気氏による同名小説を、映画監督の大友啓史が実写化したもの。借金の返済に追われる主人公・一男(佐藤)が、宝くじで3億円当てたことをきっかけに物語が展開していくマネーエンターテインメントだ。

映画上映後の会場、佐藤と高橋がサプライズで登場すると悲鳴のような歓声が沸き起こった。2人の前には映画のストーリーにちなんで本物の現金3億円も用意され、佐藤は「おおー、これはどうも全部本物のようです」と驚いていた。

この日は大阪のおばちゃんによるユニット“オバチャーン”も駆け付け、3億円よりも2人のイケメンに夢中になる一幕も。おばちゃんが2人に触れようとしたところ、屈強なガードマンに制止されていた。

また、おばちゃんが「3億円あったらどうするか」と尋ねたところ、佐藤は「せっかく3億円ありますから、一緒に世界一周でも行きます?」と誘い、おばちゃんを喜ばせていた。

引くほどの顔面至上主義

「リップサービスが上手な佐藤ですが、実際はかなり引いてしまうほどの顔面至上主義。今回、共演した沢尻エリカには、『その顔に生まれたことがラッキーだね』と褒めたたえていました」(芸能ライター)

この言葉にネット上では

《タケルはやっぱり顔面偏差値ばっか気にするんだな》
《佐藤健は顔だけで女を判断するタイプ》
《佐藤健って、典型的なカースト上位層しか相手にしないタイプだな》

などといった声が上がっている。

佐藤健『女は顔だけ』!?沢尻エリカに言い放った非情な一言とは - まいじつ
俳優の佐藤健と高橋一生が10月2日、大阪のTOHOシネマズなんばで行われた映画『億男』の舞台あいさつにサプライズで登壇した。 本作は、映画プロデューサーで小説家の川村元気氏による同名小説を、映画監督の大友啓史が実写化したもの。借金の返済に追われる主人公・一男(佐藤)が、宝くじで3億円当てたことをきっかけに物語が展開して...

 

ワイもイケメンに生まれてエリカ様にこんなこと言い放ちたい人生だった…(;´Д`)

コメント