【悲報】AKB卒業引退した佐藤七海(20)、カキ小屋でアルバイト3日で辞める→「芸能界に戻りたい」

スポンサーリンク

元AKB48・佐藤七海が芸能界に復帰 人生初のアルバイトで厳しさ痛感

スポンサーリンク

「1st バレンタインソロイベント From Your ななみん」
元「AKB48」チーム8の岩手県代表として活動していた佐藤七海が23日、都内で「1st バレンタインソロイベント From Your ななみん」を開催。イベント前に囲み取材に応じた。

スポンサーリンク

佐藤は2019年9月に同グループを卒業し、芸能界を引退して地元の岩手に戻っていたという。そんな佐藤が5か月の月日を経て芸能界への復活となった。

スポンサーリンク

この日はファンと会うのも久しぶりとなるが、「5か月も人の前に立っていなかったので、私が楽しんでいる姿を見ることがファンの方もうれしいと思うので、私自身楽しんで、ニコニコで終われたらいいなと思っています」とあいさつした。

スポンサーリンク

2019年9月末のグループ卒業後は岩手に帰ってアルバイトをしていたそうだが、「5か月の間に、人生初アルバイトをしまして、1つ目は3日で辞めました。初めてアルバイトをしてみて大変だなって思って、今までどれだけ恵まれた環境にいたかって実感して、そのときに20歳の誕生日も迎えまして、そのときにまだ20歳なのに私は一生アルバイトをして生きていくのかなって考えたら、勿体無いなと思ったのと、そのときにファンの方からのメッセージとか、自分で名前を検索して『ななみん恋しい』とか見てしまって、人に求められているってありがたいことなので、もう1回チャレンジしても遅くないんじゃないかなと思って戻ろうって決めました」と語った。

スポンサーリンク

どんなアルバイトをやっていたか聞かれると「1つ目は牡蠣小屋さんのアルバイトをしていました。岩手って時給が低くいので、値段で決めちゃって、実際の仕事が大変すぎたので辞めちゃいました。そのときの時給は1000円でした」と明かした。

スポンサーリンク

今後の活動については「女優だけとかグラビアだけとかくくるつもりはなくて、いろんなジャンルのお仕事をしていきたいです。今までアイドルになるのが夢だったので、アイドルを辞めて何を目標にして頑張ろうって思ったときに、ひとつは写真集を出したいなと考えました。生きた証を残したくて、写真集は本として残るじゃないですか。それはAKB48にいるときから思っていました」と目を輝かせた。

スポンサーリンク

続けて「ドラマにも出演もしてみたくて、岩手にいる家族にも見せたいので、全国区のドラマに出られたらいいなと思いますし、出演する舞台も決まっていて、ひとつにくくらずオールマイティーにできるタレントになりたいなと思っています。自分は自分らしく佐藤七海という人物を確立したいです」とアピールした。

スポンサーリンク

写真集といえば水着での撮影もありそうだが、「チーム8で5年半活動していて、1回も水着になる機会がなくて、先輩方がやられているのを見ていいなあって内心思っていた部分もあったので、卒業してから写真集を出す際は水着になってもいいなと思っていますので、ぜひ楽しみにしていただけたらと思います」と笑顔で答えた。

スポンサーリンク

さらにAKB48の頃のように歌ったり踊ったりもしていきたいそうで、「みるきーさん(元NMB48・渡辺美優紀)がアイドルグループを作るって聞いたときに、卒業しても違うチームの方と組んでユニットとか組めるんだと思って、そういう発想がなかったので、機会があったらやってみたいですし、ソロでももちろん歌ったり踊ったりできたらいいかなと思っています」と意欲を見せた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-00010012-encount-ent

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

こいつ世の中なめてるな😩😩😩

コメント