【驚愕】高校野球で最速163キロ!!令和の怪物投手誕生 プロ含めても日本投手歴代2位(動画あり)

大船渡・佐々木が高校最速163キロ!プロ含めても日本投手歴代2位

高校日本代表候補研修合宿(6日、奈良県内)驚異の163キロが出た!! 今夏に韓国で開催される、野球のU18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)の高校日本代表1次候補による研修合宿は第2日を迎え、実戦形式の練習が行われた。今秋のドラフト会議の1位指名候補、大船渡(岩手)の佐々木朗希(ろうき)投手(3年)が登板し、自己最速を6キロも更新する163キロを計測。米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(24)が花巻東(岩手)時代にマークした160キロを超え、高校最速を記録した。

自慢の剛速球が、うなりを上げた。佐々木が内海(横浜)の外角低めに投じた3球目だった。中日のスカウトが持つスピードガンに「163」と驚がくの数字が表示されると、バックネット裏で視察した日米12球団、約50人のスカウト陣が騒然となった。

「すごく緊張して変な力が入ったが、出てよかった。春の時点で(160キロを)投げたかったし、何となくいけるかなと思っていた」

U18W杯の高校日本代表1次候補による合宿2日目。この日は実戦形式の練習が行われ、佐々木は先頭の森(桐蔭学園)から対戦した6人すべてから三振を奪った。

25球中、14球の直球を投じ、すべての直球が150キロを超えた。163キロは1球で、161キロが2球。前に飛んだのはファウルの1球のみ。無死一塁と設定された場面ではクイックモーションから161キロを計測した。

佐々木と同じ岩手県出身の大谷を超えた。花巻東時代に最速160キロ(球場表示)だった大谷を上回り、高校球界で最速。日本選手でも、プロ入り後に165キロを計測した大谷に次いで2番目だ。

17歳の若者に巨人の長谷川スカウト部長は「スカウト人生で一番(の素材)。1位でなければ200%、取れない」と絶賛。米大リーグ、ロイヤルズの大屋国際スカウトは「最後はメジャーで勝負してほしい」と期待するほどだった。

右腕は「プロ1本。まだまだ(球速も)上げていければ」と改めて明言した。新元号「令和」の怪物は佐々木だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190407-00000015-sanspo-base

165km/h
大谷翔平(日本ハム)

163km/h
佐々木朗希

161km/h
佐藤由規(ヤクルト)
千賀滉大(ソフトバンク)
国吉佑樹(横浜)

160km/h
藤浪晋太郎(阪神)

159km/h
伊良部秀輝(ロッテ)
国吉佑樹(横浜)
北方悠誠(元横浜)

158km/h
山口和男(オリックス)
五十嵐亮太(ヤクルト)
川原弘之(ソフトバンク)
白村明弘(日本ハム)
則本昂大(楽天)
菊池雄星(西武)
望月惇志(阪神)
甲斐野央(ソフトバンク)

sakamobi
sakamobi

凄いとしか言いようがないわ。くれぐれも怪我には気を付けてもらいたいね😊

コメント