【大阪地震】地震研究所「3つの活断層帯のどれが活動したか断言できない、これから更に大きな地震が起こる可能性がある」

【大阪地震】地震研究所「3つの活断層帯のどれが活動したか断言できない、これから更に大きな地震が起こる可能性がある」

「さらに大きな地震に警戒を」…政府地震調査委

大阪府北部で起きたマグニチュード(M)6・1の地震を受け、政府の地震調査委員会は18日に臨時会を開き、「(周辺の)三つの活断層帯などに関連した活動の可能性がある」との見解をまとめた。委員長の平田直なおし・東京大地震研究所教授は「この2~3日の間は、さらに大きな地震が起こる可能性に警戒してほしい」と呼びかけている。

三つの断層帯は、震源の近くに東西方向に延びる有馬―高槻断層帯、南北方向に走る生駒断層帯と上町うえまち断層帯。記者会見した平田委員長によると、M6程度の地震では地震活動の痕跡が地表に明瞭には残らないため、どの断層が活動したか断言することはできないという。

http://www.yomiuri.co.jp/science/20180618-OYT1T50114.html

 

日本列島どこにいたって常に大地震のリスクはある。準備が大事よね(;´Д`)

コメント