【RIZIN八百長】久保優太の妻・サラ「シバターの作戦を受けた久保が悪い、自業自得」「本気で戦ってこの結果」

スポンサーリンク

久保優太の妻・サラ「自分の弱さが出ただけ」「自業自得」シバター提案受け負けた夫に叱責&激励

スポンサーリンク

昨年の大みそかに開催された格闘技『RIZIN.33』(さいたまスーパーアリーナ)第6試合で、YouTuberのシバター(36)に敗れた久保優太(34)の妻・サラが4日、自身のツイッターを更新し、夫を叱責しながらも激励した。

この一戦は、試合前に土下座して「手加減してください」と懇願していたシバターが、見事なカウンターパンチをヒットさせ、するどい動きで腕ひしぎ十字固めを決めると、久保のセコンドが試合をストップさせ、シバターが2年連続で勝利を飾った。

スポンサーリンク

しかし試合後、両者が試合の展開について事前にやり取りしたと見られるLINE画像がTwitterに流出し、“八百長疑惑”が騒ぎになる。久保は、スポンサーやファンのために試合を成立させることを優先し、「強迫観念にかられた」結果、シバターからの八百長の提案を受けたことをYouTubeで告白。「神聖なリングを汚してしまった」と謝罪した。

スポンサーリンク

試合翌日から「誰が何言ってもさ、久保は本気で戦ってこの結果になった。それが事実だよ。ここから、どうしたいのか。それだけです」と主張してきたサラ。シバターと久保のやり取りが徐々に明らかになってくると「今回の件は、自分の弱さが出ただけだと思う。優しさというのか、弱さなのか」「戦うと決めた後にシバターの作戦を心の中で受けた久保が悪いです。厳しいけどね。自業自得」と夫の敗因を指摘し、「学んで次進めば良い」と呼びかけた。

スポンサーリンク

また、「シバターて人は、エンタイテイナー(原文ママ)をやりきったのかと思いました。なぜ、あんなに強いし、プロ相手に勝った人が自分を素人だと言い続けるのか、やっと理由がわかった。自分はエンターテイメントとしてやり切るぞって意味でしたね」と試合前のシバターの発言について分析。久保に対しても「優しい言葉? 個人的にはかけてあげたいかもしれないけど、それはフォローにしかならない。身近にいるからこそ、厳しい言葉を言えるんだよ」と妻としての自身の立場を明確にした。

スポンサーリンク

一連の騒動にはSNSでも反響が大きくなっている。シバターと久保の両者に「格闘技を汚すな」といった批判はもちろん、「それも含めてシバターの作戦」「シバターを信じた久保さんが正直すぎる」といった声や、「試合直後の久保の納得できない表情の理由がわかった」「久保のセコンドが試合を止めたけど、そこまで話が伝わってなかったってことかな」と納得する声、「RIZINは徹底調査し、二度とこのようなことが起こることのないようにしてほしい」という声もあがっている。

久保優太の妻・サラ「自分の弱さが出ただけ」「自業自得」シバター提案受け負けた夫に叱責&激励(オリコン) - Yahoo!ニュース
 昨年の大みそかに開催された格闘技『RIZIN.33』(さいたまスーパーアリーナ)第6試合で、YouTuberのシバター(36)に敗れた久保優太(34)の妻・サラが4日、自身のツイッターを更新し、夫
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

嫁としてこう出るのが世間からみたら最良と思うから賢いんじゃない😁😁😁

コメント