札幌の5500人がトイレの水飲む。レストランの水道がトイレの水に誤接続で顔面ブルーレットw

 先月オープンした札幌市民交流プラザで配管の接続ミスがあり、トイレの洗浄用の水がレストランの料理などに使われていたことがわかりました。
先月オープンした札幌市民交流プラザのレストラン「DAFNE」でトイレの洗浄用の水が料理などに使われていたことがわかりました。水道水に地下水や雨水を混ぜたもので、施工業者による配管の接続ミスが原因だということです。今月15日に改修工事を終えるまでに来店した客は5500人にのぼりますが、札幌市は水質検査の結果に問題はなく健康被害の報告もないとしています。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

うわぁ…(;・∀・)

コメント