sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【日本一幸せな浪人生】文部科学省・佐野太の息子が医学部に裏口入学した事件、上級国民の力で無事に逃げ切りの可能性

   

【日本一幸せな浪人生】文部科学省・佐野太の息子が医学部に裏口入学した事件、上級国民の力で無事に逃げ切りの可能性

「俺ら日本一幸せな浪人生」と息子がツイート 賄賂は「裏口入学」? 特捜部と徹底抗戦の構え

教育行政をつかさどる文部科学省の前局長が医大に便宜を図る見返りに、自分の息子を合格させてもらうという前代未聞の汚職事件が発覚した。既に削除されたが、入試前の息子のツイッターアカウントには「俺ら間違いなく日本で一番幸せな浪人生だわ、受験やめよっかな」という意味深長な記述も。東京地検特捜部は「裏口入学」を賄賂と認定し、起訴に向け着々と捜査を進めている。これに対し前局長は容疑を全面否認し、元検事の弁護士を雇って徹底抗戦の構えだ。(社会部 市岡豊大、山本浩輔)

便宜供与に当たるか?

7月4日に受託収賄容疑で逮捕されたのは文科省前科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者(58)。文科省の私立大学支援事業の選定で東京医科大(東京都新宿区)側から便宜を図るよう依頼を受け、見返りに同大を受験した息子を合格させてもらった疑いが持たれている。

佐野容疑者の犯行を手助けしたとして、受託収賄幇助容疑で会社役員、谷口浩司容疑者(47)も逮捕された。

特捜部は、贈賄側の同大の臼井正彦前理事長(77)らについては、容疑を認め、捜査に協力していることなどから、逮捕はせず在宅で調べている。

関係者によると、佐野容疑者は「官房長(当時)には事業選定の職務権限がない。息子の合格は頼んでおらず、加点されたことも知らなかった」という趣旨の供述をし、元検事の弁護士を雇って全面的に否認しているという。

大学側が佐野容疑者に便宜を依頼したという「私立大学研究ブランディング事業」は、有識者らでつくる外部委員会が審査権限を持ち「職員は携わっていない」(文科省回答)とされる。

これに対し、佐野容疑者からの便宜供与の一環とみられるのが、事業申請書の修正を提言したことだ。同大は28年度の事業申請では支援対象校に選定されず、29年度の申請前に佐野容疑者から表現などを修正するようアドバイスを受けていたという。実際、事業内容がほぼ変わらなかったのに修正後の申請書で選定されたという。

佐野容疑者は「あくまで個人的にアドバイスしただけだ」と主張する。ただ、官房長は予算を管理する部署を傘下に持つ各省庁の枢要ポストだ。特捜部は外部委員会の事務局など関連部署が官房長の権限下にある可能性もあるとみる。

ある捜査関係者は「官房長には、薄くても幅広い権限がある。的を射た助言を与えたのなら『職務権限近接行為』としても認められるはず」と話す。

賄賂と認定できるか?

「俺ら間違いなく日本で一番幸せな浪人生だわ、受験やめよっかな」(昨年11月9日)

「センター16日前なのに俺セブ島で何してんだっていうね」(同年12月28日)

1浪中だったという佐野容疑者の息子のツイッターアカウントには、こんな内容が掲載されていた。今は削除されているが、難関の医大受験を控えた時期だけに、意味深長な内容だ。

汚職事件の賄賂の多くは金品だが、今回のように息子の入試合格を賄賂と認定できるのか。仮に私立大学が一方的に官僚の子息らを合格させたとしても、直ちに違法性が生じる可能性は低い。賄賂認定するには便宜供与に対する見返りだと佐野容疑者自身が認識していたことが必要になる。

ある特捜部OBの弁護士は「もし本当に実力で受かったと思っていれば、受託収賄の犯意がなく、罪は成立しない可能性が高い」と指摘する。

つまり、特捜部は佐野容疑者の「知らなかった」との主張を突き崩さなければならない。佐野容疑者の息子は、東京医科大のほかに別の医大の一次試験を合格していたといい、「頼む必要はない」との立場だ。

賄賂の定義は金銭的価値に限られていないのが通説だが、対価であることが明白な金品授受に比べ、「入試合格」は収賄側の認識が曖昧になるため、立証のハードルは上がるという。

一方で先の弁護士は「特捜部にはよほど強い証拠があるのだろう」とも推し量る。捜査のカギを握るのは、容疑を認め、贈賄容疑で在宅のまま調べを受けている臼井氏と鈴木衛前学長(69)だ。

昨年5月には、佐野、谷口両容疑者と臼井氏の3人が会食していたことが判明。特捜部はこの会食の場で、「特別の依頼」や「賄賂の約束」があったとみているもようだ。

どう手助けしたのか?

佐野容疑者とともに受託収賄幇助容疑で逮捕された谷口容疑者の立件見通しも注目される。特捜部は逮捕時、谷口容疑者について「佐野容疑者と臼井氏の共通の知人で紹介者」と説明。しかし、谷口容疑者側は「贈賄側は逮捕されず、紹介しただけの幇助犯が逮捕されるのか」と強く反発している。

谷口容疑者は国会議員の政策顧問の名刺を持ち、厚生労働省や文科省などの中央省庁に幅広い人脈を持っていたという。当時、医療コンサルタント会社役員として、官僚と民間業者を結びつける仲介業もしていたという。

こうした中で谷口容疑者は臼井氏側に私立大学研究ブランディング事業の申請書の書き方を助言していたという。谷口容疑者は調べに対し、申請書について「個人の業務としてやった」と説明し、入試での加点は「知らなかった」として容疑を否認。報酬も受け取っていないという。

谷口容疑者の逮捕について、ある検察幹部は「犯行の上で重要な役割を果たした」と指摘し、「利得を得ているかどうかも立件に向けて重要だ」と話す。

佐野、谷口両容疑者の勾留期限は7月24日。特捜部は両容疑者の起訴に向け、今後、慎重に調べを進めていく。

https://www.sankei.com/affairs/news/180717/afr1807170002-n1.html

 

汚職事件の賄賂の多くは金品だが、今回のように息子の入試合格を賄賂と認定できるのかがポイントと。

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット