明石家さんま「YouTuberは敵。見て貰いたいなら、どれだけ視聴者をテレビに釘付けにするか考えて」→カジサックが反論

さんまは、YouTuberについて「敵やないかい! テレビでこれからお笑いやっていこう、頑張ろう、テレビを1人でも多く見てほしいという人間は、YouTuber敵やねん」と敵視。若い人たちから『踊る!さんま御殿!!』も『さんまのお笑い向上委員会』も「YouTubeで見ました」と言われるそうで、「それをなんとか1人でもテレビつけさすために、俺らテレビで生きてきた人間は…」と思いを語った。

梶原は「だからなんですよ。YouTubeで活躍してスターになって、テレビ見なくなった小中高生たちをもう1回テレビに戻したいっていう思いがあるんです」と言うも、さんまは「ほなYouTuberやるのおかしい。テレビで頑張ったらええねや」と意見。梶原が「いや、テレビにもう隙がないんですよ」と言うと、さんまは芸人たちを見て「隙あるよ。隙だらけ」と笑い、「やめてください!」という声が上がった。

梶原はまた、「あと、今のテレビ、コンプライアンスとかいろいろあるじゃないですか。YouTubeは世界にも届きますし、テレビじゃできないこともできたりする」とも言い、これにはさんまも「まあな、それはそうやねんけど」と同調。するとFUJIWARAの藤本敏史が「かっこつけんなや! 金ほしいからやろ?」とツッコんだ。

さんま、YouTuberは“敵”「テレビで頑張ろうという人間は…」
お笑いタレントの明石家さんまが、17日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『さんまのお笑い向上委員会』(毎週土曜23:10~)で、YouTuberは「敵」と話した。

 

そりゃテレビ関係者にとっては敵でしかないよねw

コメント