さんま、サインや写真を断らないようになった理由を語る

明石家さんまが、25日放送の『踊る!さんま御殿!!クリスマススペシャル』(日本テレビ系)で、芸能人としての指針になった出来事を明かした。

写真撮影や握手、サインといった芸能人のファンサービスの話題になった際、さんまはそれらを「断った時期もあった」と告白。
だが、かつて「割り箸」の袋にサインしてほしいと、ある男性が来たときの話を披露。

さんまはそれに対し、「失礼な奴やな」と思いつつサインしたという。
すると20年後、サラリーマンになった彼が「あれ持ってます」と目の前に現れ、かつてさんまがサインした箸袋を見せてくれたのだという。

さんまはこの一件から「写真も撮ろう、サインもしようって(決めた)」と語り、「あの箸袋やねん」としみじみと振り返っていた。

明石家さんまがサインや写真を断らない理由 「箸袋」の思い出 - ライブドアニュース
明石家さんまが25日の番組で写真やサインを断らなくなったきっかけを語った。かつて割り箸の袋にサインしてほしいと、ある男性に頼まれサインしたという。20年後に男性が現れ「あれ持ってます」と、箸袋を見せてくれたのだそう

 

( ;∀;)イイハナシダナ~

コメント