明石家さんま、テレビで秘話を明かす「声が出なくなる夢ばかり見た」

さんま、バブル崩壊で5億損して「しゃべれなくなる夢ばかり見た」

明石家さんまが、3月30日放送の『めざましテレビ×明石家さんま 平成エンタメニュースの主役100人“ムチャ”なお願いしちゃいましたSP』(フジテレビ系)で秘話を明かした。

同局に残るさんまの貴重映像を公開。一番古いのは24歳で、トーク番組で「あんまり話はようせんのです。案外ウブなんです」とまったく笑いを取れていない姿が公開された。

さらに、『オールスター紅白大運動会』(同局系)に出演し、リレー大会でアンカーとして田原俊彦と対決。芸人ながら、空気を読まず全力で走って、田原に勝利した映像が流れた。

その様子を見たさんまは、「後輩に申し訳ない。やったらいけないことをやってしまった。コケなあかんねん、お笑いは」と反省。「エンディング全然盛り上がらなかった」とコメント。スタッフにコケるように言われていたが、逆に奮起して、最高殊勲選手に選ばれたという。

また、さんまはバブルの時期に8億5000万円で購入したマンションがバブル崩壊で3億5000万円でしか売れなかったと明かす。

さんまは「声が出なくなる夢ばかり見た。しゃべれなくなったらもう終わり。(損失の)5億も稼げるかなって。しゃべるか死ぬかどっちか」と追い込まれたことを告白した。

現在はビルを一棟買いして住んでいるさんま。2015年7月7日放送の『痛快!明石家電視台』(MBS)で、「リビングは20畳ぐらい」と明かしている。3階部分は「1970年代のロサンゼルスのアイスクリーム屋さん」をイメージして、4階は「ビリー・ジョエルの『ニューヨーク52番街』のポスター」をイメージしていることを話していた。

1月12日放送の『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)では「俺の今の家なんて、初日にバレてる」と近所には知られており、「近所では『さんま御殿』って呼ばれてる」と笑っていた。

お笑い怪獣・さんまは、若手の頃からさまざまな経験を積み重ねて、ようやく「さんま御殿」を手にしたようだ。

https://smart-flash.jp/entame/66297?sp

sakamobi
sakamobi

お笑い怪獣・さんまでもそこまで思い悩んだりするんだなぁ…というエピソードはある意味励みになる!😉

コメント