sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

さんま、極楽・加藤らが子供を芸能界に入れたがらない理由

   

【現役放送作家X氏の芸能界マル秘ウラ話】
ケンドーコバヤシはまだ独身で、もちろん子供はいないが「俺は子供が『芸人になりたい』って言ったら『絶対にムリやからやめとけ』って言う。男の子やったら、100%反対するね。まだ女の子の方が可能性あるかな。比較というか。本人に実力あっても、親の七光とか言われるのよ。娘やったら、俺と比較されることないかなって思うから、まだアリやけど…」と考えている。

極楽とんぼの加藤浩次は子供が芸能界に憧れないように、どんなに楽しい収録があっても、家に入る前に必ず「いや~、しんどいわ」という顔を作って帰宅していた。それが功を奏したのか、娘は出版社で働きたいと言いだしている。

「本とマンガが好きだから。本当にマンガを読むのも好きだし、小説とか読むのも大好きなのね、長女はね。そういうのを作る仕事をやりたいみたいなことを言ってたよ。こっちの世界、全く興味ないから」と加藤は安心している。

明石家さんまもネガティブキャンペーンを張った。しかし、効果はなかったようだ。

「IMALUが入る時も、芸能界はなぁ…ってマイナスのこといっぱい言うたけど、スーッと入らはったで。効かなかった。やっぱり、選ぶ道、自分がやりたいことが芸能界だったってことやろ。芸能人の子が、偶然にも芸能界だったってことやな。さんざん言うたけど、手遅れだった」

なぜ、芸能人の親は子供を芸能界に入れたがらないのか? さんまはこう語る。

「芸能界って成功しなけりゃ大変やし、成功しても大変な商売。経験上、わかってるから。どっちにしても大変やんか。売れない方がつらいやろうけど。売れても大変が続くからな。わざわざ、その道を歩くか?っていう。そんなに人に勧めるもんでもないわ。私生活もなくなるしね」

さらに「俺、やめることも正解やと思うしね、芸能界なんて。やり続けることも正解やろうし。やめるのをやめてもいい商売でもないしね。
もうちょっと頑張れよって、頑張ったらなんとかなる商売でもないやんか。
お笑いの場合は『僕、無理です。やめたいです』って言うたら、もう限界やわ。いける人はやっぱり続けてはるしな」と、冷静に見つめている。

http://news.livedoor.com/article/detail/15277035/

 

そんだけ厳しい世界ってことやね(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 芸能