sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【悲報】三國無双8さん、酷評すぎてとうとうYahooニュースでも取り上げられる

   

【悲報】三國無双8さん、酷評すぎてとうとうYahooニュースでも取り上げられる

PC版「三國無双8」日本・中国語を選択できたことを“不具合”としてブロック レビューが赤壁炎上状態に

コーエーテクモゲームスがSteamで販売しているPC版「真・三國無双8」が、最新のアップデートで不具合の修正とともに日本語と中国語を選択できないようになりました。その結果、レビューは「おすすめしない」9割弱、コミュニティーも大荒れと大変な状態になっています。

同作はプレイステーション 4版が2月8日に、Steam版が2月13日に発売されました。Steam版については海外向けとされていましたが、レジストリの値を変更することでサポートされていなかった日本語と中国語の字幕が使えることが判明。ネット上のコミュニティーを通じて広まっていきました。

しかし、発売から2日となる2月15日、アップデートでバージョン1.01になると同時に、同梱されていた日本語と中国の字幕データが“不具合”として強制的に削除されることに。これまで使えていた言語データを後から削除するという対応にユーザーの怒りが爆発、呉蜀同盟のごとく日中のユーザーがこぞってレビューに不満をぶちまけています。

なお、Steamでは購入から14日以内、プレイ時間が2時間未満であれば返金ができるようになっています。しかし、今回は2日ほど時間が経過してからのアップデートであったため、返金ができないユーザーも多発しているもよう。

これまでにもSteamでは、主に日本のメーカーが販売するゲームが日本でだけ購入できない、いわゆる“おま国”(「売ってるがお前の国籍が気に入らない」または「お前の国には売ってやんねーよ」 の略 )現象が多発し多くの議論を呼んできました。また、日本でだけ値段が高い“おま値”(お前の国には高値で販売する)や、今回のように日本語だけ使用できなかったり日本語字幕だけ高額なDLCとなっていたりする“おま言語”などもさまざまなタイトルで発生しています。

その理由はさまざまにあるようですが、今回はある程度の購入者が出てから言語データを削除するという不可思議な対応であったこともあり、特に大きな不満を呼んだもよう。また、日本語字幕を削除したことを日本語でアナウンスしていることや、“おま言語”が中国にまで進出した点も注目されているようです。

レビューの中には、「日本のメーカーが作った中国舞台のゲームで日本語と中国語だけ使えない意味が分からない」「日本語と中国語は不具合なのか……」といった意見も上がっていました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00000015-it_nlab-sci

ゲームやらないからよく知らないけど、そんなに酷いの?(;^ω^)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット