sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

メキシコで50kmの山岳マラソン開催 → スカート姿&タイヤで作ったサンダルを履いた先住民がぶっちぎり

   

メキシコで50kmの山岳マラソン開催 → スカート姿&タイヤで作ったサンダルを履いた先住民がぶっちぎり

メキシコに住む22歳の先住民女性がサンダルを履きスカート姿で50kmの距離の山岳ウルトラマラソン大会に出場し優勝した。
4月29日に中部プエブラで開催されたウルトラトレイル セロロホマラソン女子部門に参加。この大会には世界から12ヵ国の参加者が集まっており約500人の選手が出場。その500人の選手を引き離しぶっちぎりの1位で優勝を果たした。

優勝した22歳の女性、ラミレスは北部チワワ州の先住民であり、誰の助けも借りずに大会に参加。専用のシューズや道具も使わずにサンダルを使用。サンダルはリサイクルタイヤのゴムで作られた物で周囲を更に驚かせた。

また女性はショートパンツではなく、長い丈のスカートを履き首にはスカーフを巻いた状態で参加。専門的な訓練も受けていないラミレスは山岳50kmを7時間3分で走破し3万6000円の賞金を獲得。

大会関係者は「ラミレスはエネルギーを補うことができる食料はもちろんメガネや高価なスポーツシューズを着用したほかの選手とはことなり、水だけを持ってマラソンに参加」と伝えた。

ラミレスは日々ヤギや牛を放牧する仕事をしながら毎日10~15キロを走っていた。そのため尋常ではない体力とスタミナがついたと考えられる。

大会が開催されたプエブラという街は世界文化遺産に登録された街で海抜2100メートルに位置する。

ラミレスは昨年チワワ州で開催されたカバロブランコウルトラマラソン大会の100km部門に参加し、2位となっていた。

http://gogotsu.com/archives/29482

本物ってこういう所で見つかるよな(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - スポーツ, ニュース, ネット