sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【動画あり】【閲覧注意】サメに襲われ頭の肉が… 重傷を負いながらも生き残った『イルカ』がオーストラリアで話題に

   

【閲覧注意】サメに襲われ頭の肉が… 重傷を負いながらも生き残った『イルカ』がオーストラリアで話題に

サメに襲われたとされるイルカ、あまりにも痛々しい姿に・・・

オーストラリア西部に位置する人気の観光地Monkey Mia。シャークベイ海洋公園と共に世界遺産に登録されており、餌付けされ人間に慣れた野生のイルカと戯れることができるとしてオーストラリア国内で有名な場所だ。

先日、ここに生息するイルカがサメと思しき生物に襲われ、頭を負傷するという事故が発生しオーストラリアで問題となっている。

毎年オーストラリア国内のみならず、世界中から多くの観光客がやってくるオーストラリア西部のMonkey Mia。観光の目玉であるのは野生のイルカ。ここでは野生のイルカと間近で触れ合うことができるとして有名な場所だ。

観光産業に依存するこの地域ではイルカは非常に重要な生物。しかし、先日このイルカたちがサメと思われる生物に襲われてしまい、頭に大きな傷を負う事故が発生した。これに地元住民は怒りを募らせているという。

このビーチには合計5匹のイルカがイルカが生息していたが、ここ数週間のうちに3匹がサメと思われる生物に襲われ重傷を負ったという。

ABCの取材に地元のエコツーリズムのオペレーター、Leon Deschamps氏は、このような事は珍しいと語る。
「襲われたイルカは健康な成体の個体でした。赤ちゃんイルカではなく、年配のイルカでもありません。そのようなイルカがサメに襲われるということは非常に珍しいです。」

▼なぜ、イルカはサメと思われる生物に襲われたのか?
健康な成体のイルカが今回なぜサメに襲われたのだろうか。Deschamps氏によるとその原因は地元の漁師にあるという。

この地域の漁師は、最近大きな餌と血を使ってサメをおびき寄せ捕獲するといった漁法を行っているという。それによりサメが興奮してイルカを襲った可能性があると彼は指摘している。

▼襲われたイルカは今後生き続けることができるのか?
西オーストラリア大学の研究者であり、Shark Ba​​y Dolphin Research Allianceの共同ディレクター、Simon Allen博士によると、今後生き残ることのできる確率は50%しか無いという。
「私は獣医ではないがそれは確かに深刻な傷であり、彼女が生き残るためには祈ることしかできません。」

サメによる攻撃については、
「私たちは何が起こったのか本当にわかりません。」と言う。

この地域で17年間にわたりイルカを研究してきたAllen博士によると、イルカの成体がサメに襲われることは珍しいという。

http://aqua2ch.net/archives/51520189.html

うわー…かわいそうに( ;∀;)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 動物, 動画