sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【動画】豪州の釣り人さん、捕獲した『サメ』をその場で帝王切開して98匹の稚魚を取り出す

   

【動画】豪州の釣り人さん、捕獲した『サメ』をその場で帝王切開して98匹の稚魚を取り出す

釣り人が死んだサメの帝王切開を行い海外で話題に

オーストラリアで、釣り人の男性が捕獲し死んだサメが妊娠していることに気が付き、その場で帝王切開して98匹の稚魚を取り出すという出来事があったと海外メディアが報じている。

釣り人によると、母ザメは甲板に上げられた際にはすでに死んでいたが仔ザメだけでも救えるかも知れないと思い帝王切開を行ったとのこと。

オーストラリアで、釣り人の男性が捕獲し死んだサメが妊娠していることに気が付き、その場で帝王切開して98匹の稚魚を取り出すという出来事があったと海外メディアが報じている。

釣り人によると、母ザメは甲板に上げられた際にはすでに死んでいたが仔ザメだけでも救えるかも知れないと思い帝王切開を行ったとのこと。

船上でサメの帝王切開を行ったのは釣り人のMathew Orlovさん。彼はビクトリア州沖で船の上で釣り上げた既に死んでいた『エビスザメ(学名:Notorynchus cepedianus)』の様子を見た所、お腹のあたりが動いていることに気が付き「これは妊娠しているのでは」と推測してお腹を切り開いたという。

すると、お腹から出てきたのは大量の稚魚。漁師は9分かけてお腹の中から合計98匹もの元気な稚魚を取り出し、海へと返したとのことだ。

Mathew Orlovさんは言う。
「私はそれまで、このようなことはしたことがありませんでした。しかしそれを見た時、本能的に救わなければと思いました。」

結果的に98匹のサメを救った釣り人によるこの行動。しかし、シカゴMacquarie大学のサメ専門家、Jane Williamson准教授はこの様に言う。

「稚魚が母ザメの体内でどれだけ発達していたのかは不明ですが、時期尚早に生まれた稚魚が自然界で生きていけるかは疑問が残ります。」

だが、映像の稚魚からは卵黄嚢が見受けられないことから、出産間近であった可能性が高く、これは良い兆候で生存できる可能性は高いとのことだ。

http://aqua2ch.net/archives/51831796.html

C section on a shark.Caught a 2.71 meter 7 gill shark today, it was attacked by another shark on the way up. It happened to be a pregnant female, we ended up removing and releasing 98 pups, yes that’s right 98, I couldn’t believe it myself.Warning – may offend some viewers.Disclaimer: This video is exclusively managed by Caters News. To license or use in a commercial player please contact info@catersnews.com or call +44 121 616 1100 / +1 646 380 161

Mathew Orlovさんの投稿 2018年4月9日(月)

 

こういうの救ったっていえるの?(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - Twitter・SNS, ニュース, ネット, 動物, 動画