酒鬼薔薇聖斗から、今年は命日前の手紙届かず

酒鬼薔薇聖斗から、今年は命日前の手紙届かず

加害男性から、今年は命日前の手紙届かず 神戸連続児童殺傷事件

神戸市須磨区で1997年に起きた連続児童殺傷事件で、亡くなった土師(はせ)淳君=当時(11)=と山下彩花ちゃん=当時(10)=の遺族に宛て、当時14歳だった加害男性(35)から命日の前に継続して送られてきていた手紙が、今年は届いていないことが弁護士らへの取材で分かった。淳君の命日は5月24日。父守さん(62)は「(男性にとって)手紙を書く行為が向き合うことになる。反省していないのではないか」と語る。

手紙は、加害男性が医療少年院を仮退院中の2004年8月に初めて届いた。その後は命日が近づくと、男性の両親の代理人弁護士を通じ、遺族に渡されてきた。しかし男性は15年6月、遺族の承諾を得ずに事件の様子などをつづった手記を出版。16、17年も弁護士に手紙が託されたが、両遺族は受け取りを拒否した。

弁護士によると、両遺族への手紙は近年、彩花ちゃんの命日(3月23日)前の2~3月に届いていた。昨春以降は男性と連絡が途絶えており、「今年は届かない可能性が高い」とする。

淳君の父守さんは「私たちが手紙を受け取るかどうかと、(男性が)手紙を書くことは別の話。未来永劫(えいごう)、受け取らないつもりはない」とした上で、「なぜ子どもを殺したのか。その『なぜ』を知るために、決して楽な作業ではないが、手紙を読んできた」とする。

彩花ちゃんの父賢治さん(69)は「彼が手記を出版した時から一切関わりたくないと思ってきた。罪の意識を持って歩んでいるとは思えず、過去の手紙も、本心か分からない。もし手紙が送られてきても読む気はない」と話す。

エラー

 

反省なんてしてないだろうしな…(;´Д`)

コメント