【速報】斎藤佑樹、大逆転

スポンサーリンク

斎藤佑樹 講演会150万円ギャラ高騰と始球式トラブル

スポンサーリンク

ハンカチ王子が王様ぶりを発揮している。昨年、現役生活に終止符を打った斎藤佑樹氏(33)は、目下、順風満帆なセカンドキャリアを構築中だが、舞台裏では強気のギャラ設定と独善的な言動で、大ヒンシュクを買っていたのだ。

「あの講演内容で150万円のギャラは高すぎる。選手や監督で実績を残した落合博満氏でも、今は100万円もしませんからね」

呆れ顔で話すのは、さるイベント会社のスタッフである。斎藤氏は引退後に、自らの名前を冠した個人事務所「株式会社斎藤佑樹」を設立。代表取締役として第二の人生をスタートさせた。事業の大きな柱のひとつが、企業向けの講演会活動だ。前出のスタッフがため息混じりに続ける。

スポンサーリンク

「現役の末期の時点で取り決めたギャラは50万円程度で、なじみのある企業に声をかけて4件の講演会を受注しました。それが、引退して間もない12月中旬に、『すでに受けている仕事はやりますが、今後は150万以下の講演会の仕事はやらない』と言い出したんです。なんでも、この時点でCM、テレビ、YouTubeなどの出演オファーが600件以上舞い込んでおり、『身一つで仕事を選ばなきゃならないから』と説明されました」

ユニクロやキリンビールのCMをはじめ、ラジオのパーソナリティー、バラエティー番組のレポーター、カメラ趣味が高じた写真展の開催など、まさに“ハンカチバブル”の真っ只中。

最低150万円という高額設定だけに、さぞや貴重な“金言”が拝聴できるかと思いきや‥‥。1月に関東某所で開催された講演会の出席者はこう語る。

スポンサーリンク

コメント