【朗報】斎藤佑樹さん、引退会見で青いハンカチで汗を拭くポーズ披露

スポンサーリンク

日本ハム斎藤佑樹が引退会見「基本的に、苦しかったです」

スポンサーリンク

日本ハム斎藤佑樹投手(33)が17日、札幌ドームで引退会見に臨んだ。

会見冒頭「今シーズンをもって、引退することを決断致しました。プロ野球選手生活11年間、温かいご声援をありがとうございました」とあいさつ。チームメートとの時間、同じタイミングでチームを離れることになった栗山英樹監督(60)に対する質問には、言葉を詰まらせながら答えるシーンがあった。

スポンサーリンク

一番うれしかったことには、12年の開幕投手を栗山監督に指名されて務め、完投勝利したことを挙げた。「苦しかったことは…基本的に、苦しかったです」と苦笑い。今後については「今、自分が出来ることと、出来ないことと、やらなくちゃいけないことをしっかり考えて、まずはそれを知ってから先に進みたいと思います」と話した。

会見終了後には笑顔で再び会見場に戻り、引退記念グッズである青色のハンカチタオル(税込み500円)を取り出し、汗を拭くポーズを披露。報道陣からは拍手が送られた。

日本ハム斎藤佑樹が引退会見「基本的に、苦しかったです」 - プロ野球 : 日刊スポーツ
日本ハム斎藤佑樹投手(33)が17日、札幌ドームで引退会見に臨んだ。会見冒頭「今シーズンをもって、引退することを決断致しました。プロ野球選手生活11年間、温か… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク

斎藤佑樹「最後なんだというのが信じられない感じ」引退会見一問一答

スポンサーリンク

日本ハム斎藤佑樹投手(33)が17日、札幌市内の球団事務所で引退会見を行った。一問一答は次の通り。

斎藤 今シーズンをもって引退することを決断いたしました。プロ野球生活11年間、長い間、ご声援をありがとうございました。

-最後の登板の日、心境は

長いようで、11年間を短く感じましたし、今日が最後なんだというのが信じられない感じなんですけど、この日を準備していただいて本当に感謝しています。

-引退を決断した時期、理由など

去年のこの時期、肘を痛めて、そこから2021年のシーズンでチャンスをいただけるということで、今シーズンに向けて最後ということは自分の中では思っていたんですけど、そこからですね。

スポンサーリンク

-引退を決めるにあたって相談した人は

相談は…基本的には、してないんですけど、自分1人で決めました。

-迷いは

迷いがないと言えばウソになりますけど、最後はしっかりと決断できました。

-家族はどのように伝えた

今年で辞めます。シーズンを最後にと。

-どんな言葉が返ってきた

よく頑張ったということと、ここまで面倒見てくれたファイターズに感謝だねっていう言葉をいただきました。

スポンサーリンク

-引退表明の後は、同世代の戦友から続々メッセージが。振り返って、仲間はどんな存在だった

はい。同世代の活躍はとても刺激になりましたし、僕が頑張る原動力にもなったので、現役でまだまだ頑張っている選手には、これからも、もっともっと頑張って欲しいですし、コメントをくれたのはとてもうれしかったです。

-プロ入り後はケガにも悩まされた。ファイターズの仲間と過ごした時間を振り返って

チームメート、選手、監督、コーチはもちろん、スタッフの方も含めて本当にファイターズにはいい人ばっかりいたので、今、この幸せな気持ちでやれるのも皆さんのおかげだなと感じますし、他の球団に行ったことがないので分からないんですけど、ファイターズでプレーが出来て、本当によかったなと感じています。

スポンサーリンク

-一番うれしかったシーン、苦しかったシーンは

うれしかったシーンはたくさんあるんですけど、やっぱり2012年の開幕投手を栗山監督から指名してもらって、そこで完投して勝てたことです。苦しかったことで言えば、基本的に…苦しかったです。それも、今思えば、苦しかったけど、僕にとってはいい経験をさせてもらったなと。

-野球人斎藤佑樹にとって一番影響を受けた人は

一番は決めづらいんですけど、たくさんありましたね。一番というのは、今はちょっと言えないです。

スポンサーリンク

-同じタイミングで栗山監督が退任を発表。監督への思いは

栗山監督にはたくさん迷惑をかけましたし、たくさん面倒も見てもらったし、その中で叱られたことも、もちろん褒められたこともありますし、プロ野球生活でたくさんのことを教えてもらったので、感謝してもしきれないぐらい。ちょっと言葉がまとまらない、そのぐらい尊敬できる方だなって。

-苦しい時期も監督が気にかけてくれた

栗山監督に会うたびにかけられる言葉っていうのは、一言一言に重みがありましたし、その一言一言が僕にとって前に進むために必要な言葉だった。

-今、自分自身に声をかけるとしたら

難しいですね…。自分自身に声をかけるとしたら「休んでいる暇はないぞ。この先もファイターズに、または野球界に対してちゃんと恩返しをするために、次に進みなさい」と。

スポンサーリンク

-幼いころから続けてきた野球。斎藤投手にとって野球とは

野球を通していろんな方と出会いもありましたし、野球をやらなければ、こんなに多くのことを経験できなかっただろうなと思います。そういった意味では、野球を通して、こんなにたくさんの素晴らしい方々に出会えたんだなと思います。

-今後について考えていることは

今自分が出来ることと、出来ないことと、やらなくちゃいけないことをしっかり考えて、まずはそれをしてから、次に進みたいなと思います。

-ファンへ

ファイターズに来てから11年間、もっと言えば高校3年生の夏の甲子園から約15年間、斎藤佑樹という野球選手を長い間、見守っていただいて、本当にありがとうございました。

スポンサーリンク

-野球人生の中で一番成長したところは

先ほども申しましたが、辛いこと苦しいことばかりだったと思いますけど、その中でも、前に進まなければならないということは、大好きな野球だったからそれが出来た。どんな状況になっても、諦めないでやり続けるっていうことは大事なことなんだなと感じました。

-後輩たちへの思い

本当に誇らしい選手ばかりなので、僕からかける言葉は本当に何もないですし、ただただ、1ファイターズファンとして応援したい。

斎藤佑樹「最後なんだというのが信じられない感じ」引退会見一問一答1 - プロ野球 : 日刊スポーツ
日本ハム斎藤佑樹投手(33)が17日、札幌市内の球団事務所で引退会見を行った。一問一答は次の通り。斎藤 今シーズンをもって引退することを決断いたしました。プロ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

まずはしくじりから出演か😂😂😂

コメント