高校5冠の快速怪物が八角部屋に入門…190センチ、135キロで50メートル走6秒台

 昨年のインターハイで高校横綱に輝いた埼玉栄3年・斎藤大輔(18)の八角部屋への入門会見が21日、同校で行われた。個人タイトルで高校横綱を含め“5冠”の怪物は「早く関取になって、埼玉栄、山田(道紀、みちのり)監督、応援してくれる全ての人に恩返しがしたい」と抱負を語っていた。

190センチ、135キロのダイナミックでバランスの取れた肉体。得意は突き押しからの左四つだ。相撲部の山田監督は「プロは甘くない世界。ゼロからの出発」と前置きしながら、「上手の形は高校生では飛び抜けた存在」と太鼓判。さらに50メートルを6秒台で走るなど卓越した運動神経も持ち合わせている。

精神面でも成長している。「中学時代は本当に子供。高校に入学した頃もヤンチャ坊主で先生方に迷惑ばかりかけていた。それが2年、3年になって責任感がある生徒になってきて、後輩の面倒をよく見ていた。実は大相撲ではなく大学を出て教員になる道もあった。それは斎藤を見ていて、指導者になったらいいと思ったからです」と山田監督は振り返った。

八角親方(元横綱・北勝海)との出会いは「わんぱく相撲」で生まれ故郷の山形・酒田市から上京、国技館近くにある八角部屋に宿泊したのが最初。そして昨年のインターハイ後に再び八角親方に会って「一緒に頑張ろうと声をかけていただきました。師匠について行こうと思いました」と斎藤。八角親方は「今後、やるかやらないかだと私は思っている。華のある力士に育ってほしい」と期待を寄せてた。

今月2日に新弟子検査を受験。合格した後に春場所(10日初日、エディオンアリーナ大阪)で前相撲デビューする。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00000108-sph-spo

 

sakamobi
sakamobi

190センチ、135キロの巨漢でありながら50メートルを6秒台の俊足。バケモンだろ…(;゚Д゚)

コメント