史上最高齢の嘘松さん、新聞に降臨してしまう

 

人生の年輪を感じさせるブルージーな味わいの嘘松やな

コメント