【衝撃】FLASH「ゴーン疑惑とかいうけど西川社長も200万の時計なんかつけてて怪しい」→問い合わせた結果・・・

ゴーン暴露で失脚も…日産社長「中東からの贈り物」疑惑

3月8日の午後、東京・新宿御苑を妻と娘と散歩していた、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)。30分ほど散歩したあと、東京・渋谷区内のマンションに戻ると、報道陣に囲まれ、こう繰り返した。

「ノーコメント」

ゴーン被告の初公判は、「早くても夏以降になる」(社会部デスク)という。まだ「ゴーン・ショック」の終幕は、先のことになりそうだ。

一方、「金融商品取引法違反」で法人として起訴されている日産。ゴーン被告の「子飼い」としてトップに上りつめた西川廣人社長兼CEO(65)は、かつての上司との訣別を鮮明にしている。だが、内心は穏やかではないはずだ。

「ゴーン被告は、オマーンの日産販売代理店オーナーから、3000万ドルを個人的に借り受けていました。2009年からです。ゴーン被告は、自分が直轄する『CEOリザーブ(予備費)』から、オーナーに対して、総額3500万ドルを返済させていたのです」(社会部記者)

この資金決済について、まだ収監中だったゴーン被告は1月末に、《必要な幹部がサインをしている》と、日本経済新聞のインタビューに答えている。つまり、西川社長ら日産幹部が関知していると主張しているのである。

さらに、いま日産社内では、中東にまつわる噂が囁かれているという。

「西川社長がつけているのは、ピアジェの腕時計。200万円以上はする高級品です。これが、そのオマーンの代理店側からの贈り物ではないかというのです」(日産関係者)

実際に、ゴーン被告が東京地検特捜部に逮捕された2018年11月19日、会見に立った西川社長の左腕にはピアジェの時計が光っていた。

中東諸国の商慣行を知る、元駐レバノン大使の天木直人氏は、こう話す。

「中東の国々の人々は、遠方からやってきた客をとにかくもてなします。現地にはサラリーマン社長は少なく、高額なお土産を渡すことにためらいがありません」

日産幹部らは、中東からの「恩恵」を受けていたのか。

「中東への出張では、豪華な接待を受けたり、腕時計など高額な贈り物をもらえることが多かった。幹部社員にとっては、一種の役得のような認識があった」(日産OB)

本誌は、西川社長の腕時計や、ほかの幹部社員が受けたという接待について、日産広報部に問い合わせたが、締切りまでに回答はなかった。

特捜部の捜査に協力してきた、日産側の「接待疑惑」の暴露で、ゴーン被告は逆襲を図るのか。キーマンは、弁護団の弘中惇一郎弁護士だ。数多くの刑事事件で無罪を勝ち取った、凄腕として知られている。

「異名は『無罪請負人』。自ら現場で検証したり、事情を聞いたりと、検察が把握していない証拠や証人探しに余念がない。また、本筋とは異なる新事実で、裁判を紛糾させることもある。オマーンの代理店の案件を持ち出してくることは、十分あり得る」(法曹関係者)

仮に日産幹部が、オマーンの代理店から「不適切な接待」を受けていたのなら、道義的責任を弁護側が追及することで、検察側の主張の信用性が揺らぐ可能性はある。

また、弁護団には、小沢一郎衆議院議員を無罪に導いた「陸山会事件」でタッグを組んだ河津博史弁護士、「刑事弁護界のレジェンド」と呼ばれる高野隆弁護士が名を連ねる。

保釈時のゴーン被告の「変装」が話題をよんだが、あの作業員姿は、高野弁護士が、保釈後の住まいを伏せるために出した案だったという。本人も変装を楽しんでいたそうだが、すぐにバレた。

「高野氏は、長期勾留など、検察の『人質司法』に批判的な弁護士。保釈条件を裁判所に提示する際、20年前の夫婦喧嘩の判例を持ち出すのは、いかにも専門家らしい」(同前)

とはいえ、西川社長ら日産幹部の責任を持ち出す戦術について、「裁判官の心証を悪くするだけでは」と、企業法務に詳しい大和田周資弁護士は、懐疑的な見方を示す。しかし一方で、こう語った。

「『特別背任』は、組織の重要な役割にある人物が、自己または第三者の利益を図ったり、その組織に損害を加えるために、任務に背く行為をすることで成立します。

今後、オマーンの送金の件などが立件され、西川社長が内実を知りながら決裁していたのなら、ゴーン被告と同じく、刑事責任が問われかねません」

混迷の「第二幕」が、不気味に上がる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190312-00010008-flash-peo

sakamobi
sakamobi

日産の社長なんだし、たかだか200万の時計でケチつけんのもおかしいやろ(;・∀・)

コメント