目の前で電車にはねられた人の財布盗んだ61歳無職男を逮捕 東京 中野区

スポンサーリンク

踏切事故で死亡した人の財布盗んだ疑いで男を逮捕 東京 中野区

スポンサーリンク

ことし8月、東京 中野区で、50代の男性が誤って踏切に進入し、電車にはねられて死亡した際、現場に倒れている男性の所持品を物色して財布を盗んだ人物がいたことが捜査関係者への取材で分かりました。警視庁は、防犯カメラの映像をもとに61歳の容疑者を特定し、窃盗の疑いで逮捕しました。

ことし8月29日の夜、東京 中野区若宮の西武新宿線の踏切で50代の男性が電車にはねられ、病院に運ばれましたがまもなく死亡しました。

捜査関係者によりますと、近くの防犯カメラの映像を確認するなどして当時の状況を調べたところ、男性は自転車に乗って誤って踏切に進入したとみられていますが、事故の直後倒れている男性に近づいて所持品を物色し、財布を持ち出す人物がいたことが分かったということです。

スポンサーリンク

警視庁が事故のあと男性の持ち物を調べると、財布は戻されていましたが、現金がほとんど入っていない状態だったということです。

警視庁は、防犯カメラの映像の解析を進めて事故現場近くに住む無職の吉田俊博容疑者(61)を特定し財布を盗んだ疑いで逮捕しました。

容疑者は当時、目撃者の1人として、現場に駆けつけた警察官に話を聞かれていたということです。

捜査関係者によりますと、調べに対して容疑を認め「財布の中の現金をとった」などと供述しているということで、警視庁が詳しいいきさつを調べています。

スポンサーリンク

近所の男性「人間として最低」
事故の直後に現場の踏切に駆けつけたという近くに住む77歳の男性は「私が現場に着いたときには男性がまだ生きていて、苦しそうな声が聞こえていました。当時、救急車やパトカーなど20台くらい集まり、騒然としていたのを覚えています。事故に遭った人のものを盗むなんて、人間として最低だと思います」と話していました。

踏切事故で死亡した人の財布盗んだ疑いで男を逮捕 東京 中野区 | NHKニュース
【NHK】ことし8月、東京 中野区で、50代の男性が誤って踏切に進入し、電車にはねられて死亡した際、現場に倒れている男性の所持品を…
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

とんでもないクズ野郎だな😡😡😡

コメント