【悲報】サイの密猟者、ゾウに殺され遺体はライオンの餌になる

サイ密猟の容疑者、ゾウに殺されライオンの「餌」に 南ア

南アフリカのクルーガー国立公園で、密猟目的で立ち入ったと思われる男性がゾウに襲われて死亡した。仲間が放置した遺体はライオンの餌になったとみられ、頭蓋骨(ずがいこつ)とズボン1着しか残っていなかった。

南アフリカ国立公園局や地元警察によると、男性は1日に仲間の4人と一緒にサイ目当てでクルーガー国立公園に入ったところ、突然、ゾウに襲われて死亡した。仲間は通行人に見付けてもらえるよう、遺体を道路まで運んだと話しているという。一行はそのまま公園から立ち去った。

男性の遺族には仲間が2日に連絡し、捜索隊が遺体の回収に向かった。しかし地上の捜索でも上空からの捜索でも遺体は発見できなかった。

4日にレンジャーの数を増やして捜索を再開した結果、遺体の一部が発見された。警察によると、「ライオンの群れが遺体をむさぼり食った形跡があり、残っていたのは頭蓋骨とズボンだけだった」という。

ライオンが食べた後には頭がい骨とズボンしか残っていなかったという/SA Police Service
ライオンが食べた後には頭がい骨とズボンしか残っていなかったという/SA Police Service
「クルーガー国立公園への不法侵入は、しかも徒歩で入ることは、賢明ではない。それがいかに危険かは今回の出来事が物語っている」「娘たちが父の死を嘆く姿はとても悲しい。遺体のほんの一部しか回収できないとなればなおさらだ」。国立公園局はそうコメントした。

警察は3日、密猟の共謀などの容疑で3人を逮捕して捜査を続けている。3人は5日に裁判所に出廷した。

アフリカに生息するサイは、角を目当てとする密猟が後を絶たない。東洋医学では一部で媚薬(びやく)として角が重用され、コカインより高値が付くこともある。特にクロサイは深刻な絶滅の危機にさらされている。

https://www.cnn.co.jp/world/35135383.html

sakamobi
sakamobi

ライオンが食べた後には頭がい骨とズボンしか残っていなかったという😱😱😱

コメント