【悲報】日本人「佐賀?何もないよw」 外国人「すげぇ…何もないのレベルが違う…」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

西アフリカにある故郷ベナン共和国から、フランス経由でおよそ3日がかり。
2019年4月、佐賀県の空港に、シンデテ・マティロ・ジョゼさん(26)は降り立ちました。
空港の周りは、どこまでも続く干潟の海と田んぼ。ジョゼさんは驚きました。

ベナンに住む日本人からは言われていました、「佐賀は何にもないよ」と。

スポンサーリンク

でも、ジョゼさんが目を見張ったのは「何もない」ことではありませんでした。田んぼの中に続く、歪みのない、真っすぐな舗装道路。故郷のベナンは、経済発展を続ける一方で、都市部と農村部にはまだ大きな格差がありました。道路がない村もたくさんあります。

「『何もない』のレベルが違う。どうやって『ちゃんと』道を作ることができたのか」

https://withnews.jp/article/f0200701005qq000000000000000W08k11101qq000021403A

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

佐賀「なんか俺やっちゃいました?」😅😅😅

コメント