硫酸事件の被害者「『おい花森』と言ったら、『花森さんだろ』と怒られた」

スポンサーリンク

“硫酸”被害男性「おい花森」でトラブルか

スポンサーリンク

東京の白金高輪駅で男性に硫酸をかけ大ケガをさせたとして25歳の男が逮捕された事件で、被害者の男性が「大学時代に、ため口を使ってトラブルになった」などと警視庁に説明していることがわかりました。

花森弘卓容疑者は、今月24日、白金高輪駅で22歳の会社員の男性の顔に硫酸をかけ、大ケガをさせたとして30日朝、送検されました。

スポンサーリンク

花森容疑者と男性は、以前、沖縄県内の大学でサークルの先輩後輩の関係でしたが、その後の捜査関係者への取材で、被害者の男性が「大学時代にため口を使ってトラブルになった」などと警視庁に説明していることがわかりました。サークルで花森容疑者ら数人と一緒にいた際、男性が「おい花森」と呼びかけると「花森さんだろ」ととがめられたということです。

警視庁は、花森容疑者がこうした会話などから男性に一方的に恨みを募らせていた可能性もあるとみて動機などを調べています。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

3歳上に「おい花森」はアカンよね。被害者は気の毒だけど、正直性格悪そう😨😨😨

コメント