スポンサーリンク
スポンサーリンク

列車の窓から転落、漁師の少年(19)重傷「電車の中が暑かったので窓枠に座っていた」…勝浦市のJR外房線トンネル内

スポンサーリンク

列車の窓から転落、漁師の少年(19)重傷「電車の中が暑かったので窓枠に座っていた」…勝浦市のJR外房線トンネル内

30日午前8時25分ごろ、千葉県勝浦市浜行川のJR外房線のトンネル内で、同市の漁師の少年(19)が窓から転落し、右足を骨折するなどの重傷を負った。

勝浦署によると、少年は友人と2人で乗車していた。少年は転落時の状況について「電車の中が暑かったので窓枠に座っていた」と話しているという。

少年が転落したのは行川アイランド駅-上総興津駅間の全長約510メートルのトンネル内で、少年は出口から約100メートルの地点で地面に落下した。

JR東日本によると、事故の影響で、上下線の一部区間に運休が出たほか、最大約100分の遅れが生じ、約500人の足に影響が出た。

列車の窓から転落、漁師の少年重傷 「電車の中が暑かった」 JR外房線のトンネル内
30日午前8時25分ごろ、千葉県勝浦市浜行川のJR外房線のトンネル内で、同市の漁師の少年(19)が窓から転落し、右足を骨折するなどの重傷を負った。勝浦署によると…

 

アホやな…(;・∀・)

コメント