【緑化】日本政府が60億円支出した中国の植林事業これまで完全放置…中国「うっせーなやりゃいいんだろ」ようやく着手する模様

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本政府関係者は9日、政府が2015年度に約60億円を拠出した中国国内などでの植林・植樹事業が一度も実施されなかったと明らかにした。中国も負担する予定だったが、具体的な負担方法などで折り合わず、事業が放置されたという。

今年10月までに日中間で協議した結果、植林の必要性が高い案件を優先して進めることを申し合わせたといい、年度内にも事業に着手する方針という。

https://mainichi.jp/articles/20201009/k00/00m/010/282000c

スポンサーリンク

中国の砂漠化問題 – Wikipedia
現在、中国国土の27パーセント以上、約250万km2が砂漠と化しており、砂漠化した土地を元に戻すためには300年かかると推測されている。

中国の砂漠は以下のとおりである。西部や北部に集中しており、内陸部がほとんどであるが、華北では比較的海に近いところにも砂漠が迫ってきている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

あの国にお金なんて渡したらいけない😩😩😩

コメント